今回の記事では、カジノ 必勝 法と呼ばれるものについて解除していきます。

カジノ 必勝 法と言うと、必ず勝つ、と書く通り、カジノ 攻略法とも言えるやり方になります。インターネットを探すと様々なネットカジノ 必勝法が出てきます。その中には数百年の歴史を持つネットカジノ 必勝法もあれば、つい最近発明されたカジノ 攻略もあります。このカジノ 攻略を使うと本当に勝てるのか、その一つ一つのカジノ 勝ち 方といわれるものを紹介しつつ、このカジノ 勝ち 方といわれるものの正体や、必勝カジノオンラインをどのように使うのか、そして必勝カジノオンラインの実践のためのオススメのオンラインカジノについて解説します。

理論上の勝率100%のカジノ必勝法: マーチンゲール法

オンライン カジノ 攻略 法として最も有名なカジノ 必勝 法はこのマーチンゲール法です。このカジノ必勝法は簡単に言えば、負けたら次の賭け金を倍にすると言うものです。このカジノ 勝ち方は非常にシンプルなため、初心者でも使いやすく、また一度勝てばどれだけ負けてもそれまでの損失を全て取り返すことができる必勝カジノです。このカジノ 必勝 法は、コイントスのように、表か裏か、といったような、確率が50%になるカジノゲームで有効なカジノ必勝法です。元々は18世紀の南フランスのマーティギュー地方で流行したコイントスから生まれたと言われており、その地方の名前からこのカジノ 攻略法の名前が付けられたと言われています。それではこのカジノ 必勝 法具体的な賭け方を解説します。例えば最初に10ドルをかけて負けたとします。次はその倍の20ドルを賭けます。さらに負けた場合は、その場合の40ドルを賭けます。さらに負けた場合はその場合の80ドルを賭けます。このように負けたら単純に賭け金を倍にしてかけていきます。では5回目に勝った場合はどうなるでしょうか。この時160ドルを賭けており、それまでの損失も同様に160ドルです。マーチンゲール法は、確率が50%、配当が2倍のゲームを減少するのが一般的なので、配当は賭け金と同額の160ドルになります。つまり、それまでの累積損失を一度に取り戻せたことになります。確率が50%なら、いずれどこかで必ず勝つ確率が高いので、それまで負けを一度に取り戻せるの嬉しいですよね。

簡単でしかも負けを一度に取り戻せることから、マーチンゲール法はカジノ 勝ち 方として最も有名ですが、注意すべき点が2点あります。

実はこの非常に有名な必勝カジノは、破産者を生んでいます。確かに街に出る方は理論上は必ず勝てる必勝法です。しかしこの理論上というのがミソになっていて、実際は2つの制約があります。

その一つは、カジノで必ず設定されている最大ベット金額です。オンライン カジノ 攻略の際は必見の数字ですが、例えば、ブラックジャックや、バカラ等のオンラインカジノにいくと、そのテーブルにいくらまでかけることができるのかが必ず表示されています。これを、最大ベット金額と呼びます。仮にマーチンゲール法で10回負けたとします。単純に計算して、最初の10ドルをかけたとき、10回負けた場合に次に賭ける金額は5120ドルになります。たとえランドカジノでも、ほとんどのオンラインカジノでも、最大ベット金額は大きいところでも1,000ドル程度に設定されています(VIPやハイローラー向けのテーブルは除く)。つまり1000ドルを超えた場合、1000ドル以上かけることができないので、一度に負けを取り戻すことができなくなり、マーチンゲール法を使えなくなってしまいます。

もう一つは、自分の資金です。マーチンゲール法は、上で示した通り、損失が指数関数的に増えます。指数関数というはある量が増大する速さが、増大する量に比例することを言います。ちょっとわかりにくいかもしれませんので、具体的な例で説明します。例えば先程の例では、5回負けた時点で賭け金は160ドルでしたね。これが6回目は320ドル、7回目は640ドル、8回目は1280ドル、9回目は2560ドル、10回目は5120ドルになります。5回目時点までは、まぁ一般の方なら財布の中で充分出せる金額だと思いますが、8回目で1000ドルを超えて10回目は5000ドルになるので、この時点でほとんどの人は財布から簡単に出せる金額では無いかと思います。つまり、仮にマーチンゲールを使って連敗してしまった場合、損失は指数関数的に増大することにより、自分の資金を超えてしまい、破産すると言う可能性が出てきます。

マーチンゲール法は、非常にシンプルで一度に損失を取り戻せるこのですが、連敗すると非常に危険なので、現在ではオンライン カジノ 攻略としてはリスクの高いカジノ 勝ち 方とされています。

したがって、ネットカジノ 必勝法としてマーチンゲール法を使うときには、自分の資金と、そのカジノのテーブルの最大ベット金額に注意しながら慎重にかけることをお勧めします。

カジノを本気(マジ)にさせた一大ブームを起こしたカジノ必勝法: カードカウンティング

カードカウンティングと言うのは、ブラックジャックや、バカラなどのように、カードを使ったゲームで使用するカジノ 勝ち方であり、ネットカジノ 必勝法として非常に有名な手法です。具体的には、実際にテーブルに出たカードがどのカードだったのかを覚えておいて、シューと呼ばれるカードの山にどんなカードが残っているのかを予測し、そこから自分の次の手が自分に有利なのか、ディーラーが有利なのかを判断するカジノ 勝ち方です。テーブルに出たカードをすべて記憶しておけば、残りはどんなカードになるのかわかるのは当然ですが、本当にそんなことは可能でしょうか?

実際にできる人もいます。映画「レインマン」で登場したダスティン・ホフマン演じるサヴァン症候群のレイモンドは、テーブルに出たカードを予測してカジノで大勝利を収めるシーンが出てきますが、これは実話を基にしています。もっとも、普通の一般の我々に取って、出ているカードを全て記憶するというのはほとんど不可能でしょう。

このオンライン カジノ 勝ち 方が有名になったのは、1962年にエドワード・O・ソープという人が出版した「Beat the Dealer(和名:ディーラーをやっつけろ!)」という本でした。この本の中では誰でも可能なカードカウンテイングを解説しており、彼自身もこの方法でカジノで資金を2倍にしているという、裏付けのあるオンライン カジノ 勝ち 方です。このカードカウンティングではアル・フランチェスコ率いる日系二世のケン・ユーストンをはじめとしたMITの学生で構成されたMITブラックジャックチームが、カジノ相手に数年間大勝利を収め続け、最終的に出禁にされるまで勝利をもたらし続けていました。

このオンライン カジノ 勝ち 方は、さまざまなやり方が考案されていますが、ここでは最も使いやすいシンプルなハイ・ローと呼ばれるやり方を紹介します。

ハイローでは、カードに点数を振り、テーブルに出た全てのカードをみて点数を計算するものです。具体的には、数字の2-6は1点、7-9は0点、10-Aは-1点として計算します。プレーヤーが多いと計算するのも大変ですが、その分計算の材料も増えるので有利になります。

この計算の結果、マイナスのポイント大きくなっていった場合、シューの残されているカードは小さい数字が多いということになり、反対にプラスの点数が大きくなっていった場合は10とカウントするカードがシューにたくさん残されていることになります。ブラックジャックを例にして考えると、ブラックジャックではディーラーにバーストさせることが戦略の一つなので、シューの中に10とカウントするカードがあるほうがずっと有利になります。ディーラーは16以下の場合は必ずカードを引かなければならないというルールなので、プレーヤーが非常に有利になります。逆に小さい数が残っている場合はこの戦略が使えないため、慎重に勝負をする必要があります。

このようにして、自分が有利か、ディーラーが有利かを判断することができるので、オンラインカジノなどで実際に使って、確かめてみてください。

モナコのカジノを破産させたと言われるカジノ必勝法:モンテカルロ法

モンテカルロ法は、モナコにあるモンテカルロ地区のカジノを破産させたと言う話から、その地名から名づけられた必勝カジノオンラインの1つです。もっとも、シュミレーションや乱数計算、数値計算の分野にモンテカルロ法(Monte Carlo method)というものがあり、こちらは中性子の研究からスタニスワフ・グラムが考案して、ジョン・フォン・ノイマンが名づけた科学分野の手法で、カジノ 勝ち方のモンテカルロ法とは関係がないので注意しましょう。もともと1873年にイギリスのエンジニアであるジョセフ・ジャガーがモンテカルロのルーレットの傾きを利用して大勝利したり、1891年にチャーリー・ウェルスがやはりモンテカルロで大勝利を納めていることが噂になり、有名になりましたが、この二人がモンテカルロ法を使ったというわけではなく、単なる噂に過ぎないようです。

それでは、モンテカルロ法の具体的な賭け方について解説していきます。このオンライン カジノ 攻略では必ず紙とペンを必要とするので用意しておきましょう。この必勝カジノは確率が2倍または3倍の賭け方で効果を最大限に発揮するので覚えておきましょう。

ざっくり賭け方を説明すると、紙に書いた数字のチップを賭けて、負けたら数字を書き足し、勝ったら1番右と1番左にある数字を消すという方法です。これだけだと何が何だかわからないと思うので具体例使って説明していきます。

まず紙に10、20、30、40と書いていきます。賭ける金額は一番右の40ドルと一番左の数字を10を足した50ドルです。ここで勝負に負けたとしましょう。次は40ドルの隣に50ドルと書いておきます。次の勝負は紙の数字は10、20、30、40、50となっています。賭ける金額は一番右の50ドルと一番左の数字を10を足した60ドルです。ここで勝負に負けたとしましょう。次は50ドルの隣に60ドルと書いておきます。これが負けた時の手順です。

では次に勝った時の手順について説明します。上の例で10、20、30、40、50、60となっていて、次の賭ける金額が一番右の60ドルと一番左の数字10を足した70ドルで、勝負に勝ったとします。その場合、一番右の60ドルと一番左の数字10を消しておきます。こんな感じですね10、20、30、40、50、60。次の勝負は、1番左の20ドルと1番右の50ドル出した70ドルをかけます。ここでも勝った場合、20と50を消しておきます。次は残った30と40を足した70を賭けます。ここでも勝った場合、数字は全て消えることになります。モンテカルロ法では数字が全て消えた時点で1ラウンド終了となり、一度清算します。そしてもう一度最初からやり直します。

この例では買った場合の1数字を1つずつ消しましたが、3倍配当の時は数字を2つずつ消すので気をつけましょう。

まとめるとこうなります。

2倍配当:数字を1つずつ消す

10、20、30、40、50、60

3倍配当:数字を2つずつ消す

1020、30、40、5060

では、このネットカジノ 必勝法であるモンテカルロ法のメリットとデメリットは一体何でしょうか?まず大きなメリットとしてはマーチンゲール法のように賭け金が急激に大きくなることがないので、じっくりと比較的長くプレイすることが可能です。少ない資金で長くゆっくりとプレイしたい方にはこのネットカジノ 必勝法がお勧めです。もう一つの大きなメリットが、利益確定のタイミングを逃さない点にあります。カジノ必勝法では利益確定が非常に難しく、連勝しているときに調子に乗った結果、それまでの儲けを全て吹き飛ばすと言うこともよくあります。これに比べて、このモンテカルロ法では、紙に書いた数字が全て消えた時点で1ラウンド終了になり、利益確定をするので、利益確定を逃すと言うことがありません。

このカジノ 必勝 法の大きなデメリットとしては常に紙とペンが必要になります。数字を書いたり消したりするので、次はいくらかけるのか、自分がしっかり消したのか消していないのかと言う点で混乱しやすく、慣れるまでは一苦労します。混乱している、特にランドカジノや、オンラインカジノのライブカジノでは、他のプレーヤーのプレーの妨げになることもあるので、注意しましょう。もっとも、オンラインカジノでは、自分のペースでゆっくりと勝負できるので、まずはこのオンラインカジノでしっかりとこのネットカジノ 必勝法身に付けることをお勧めします

フランスの数学者が考案したカジノ必勝法: ダランベール法

ダランベール法は、フランスの数学者であり、物理学者であり、哲学者でもあるジャン・ル・ロン・ダランベールが生み出したと言われるカジノ必勝法です。このカジノ 勝ち方はマーチンゲール法と同様に賭ける金額を増やしたり、それとは逆に減らすというシンプルな必勝カジノオンラインで、人気のあるオンライン カジノ 攻略の一つです。このダランベール法は、勝負に勝ったら賭け金を一つ増やし、勝負に負けたら賭け金を一つ減らすというもので、とてもシンプルなカジノ必勝法です。

具体的に例を出してみていきましょう。例えば、ブラックジャックで、最低賭け金が5ドルのテーブルで勝負するとします。最初は5ドルで勝負して、勝ってもやはり5ドルで勝負します。負けた場合には5ドルを追加して10ドルで勝負します。さらに負けた場合には、また5ドルを追加して15ドルで勝負します。次の勝負で勝ったときには、5ドル減らして、10ドルで勝負します。このように、ダランベール法では、負ければ1つの単位を増やし、勝てば1つの単位を減らしていきます。この例では、5ドルを基準にして上がり下がりをしています。このネットカジノ 必勝法のメリットは急激に資金が変化しない点にあります。例えば、マーチングの方では、勝てばそれまでの損失を一度に取り戻せる反面、損失は指数関数的に上昇する傾向があります。それに比べてこのダランベール法では、勝っても負けても、資金の増減は緩やかですので、心理的にも楽ですし、長期的にゲーム自体を楽しみながら資金を管理することができます。マーチンゲール法のように、負けると賭け金を増やすでも同じですが、マーチンゲール法のように損失がいつも膨らんでいく事はないカジノ 勝ち 方なので、興味のある方は是非試してみてください。

マーチンゲール法の改良版カジノ必勝法: パーレー法

このカジノ 攻略法は、逆マーチンゲール法とも呼ばれるカジノ 必勝 法です。このパーレー法は、勝てば賭け金を倍にして、負けたら最初に戻ってかけ直すと言うものです。マーチンゲール法は、負ければ賭け金を倍にしましたよね。この逆マーチンゲール法とも呼ばれる、パーレー法は、逆に、勝ったときに賭け金を倍にして勝負していきます。マーチンゲール法のように、指数関数的に損失が膨らむことがないので心理的にはずっと楽です。

このカジノ必勝法のメリットは、なんといっても少ない資金を圧倒的なスピードで、大きくできると言う点にあります。例えば、最初に手元の資金が100ドルしかなかったとします。しかし100ドルで5回連勝することにより、1600ドルを手にすることができるようになります。また、たとえ負けたとしても、もともとの損失が大きく膨らむと言うこともありません。もっとも、連勝中に1度でも負ければ、それまでの儲けがすべて吹き飛んでしまうというデメリットもあります。しかも、最初の資金も賭けているので、手元の資金がゼロになることになります。

このパーレー法を使うときには、利益確定のタイミングを最初に決めておくことと、手元の資金を上手に使うことがポイントになるので押さえておきましょう。

モンテカルロ法とマーチンゲール法を組み合わせたカジノ必勝法 ウィナーズ投資法

このカジノ必勝法はモンテカルロ法と同じように紙とペンを使う必勝カジノオンラインの一つです。モンテカルロ法と同じように紙に数字を書いて、その数字を元にチップを賭けていきます。これだけだとモンテカルロ法と同じですが、ウィナーズ投資法は負けを取り戻すというマーチンゲール法の手法を取り入れています。

やり方ですが、まず2連敗することが必要です。カジノ必勝法なのに連敗しないと始まりません。これがウィナーズ投資法のユニークなところであり、スピリッツでもあります。というのはこのネットカジノ 必勝法はこの負けを徐々に取り戻すというのが背骨となっている必勝カジノのやり方だから、というのがその理由になっています。では具体的に例を見ながら見ていきましょう。

まず5ドルが基本チップ額になっているブラックジャックで連敗したとします。その時に、紙に5,5 と書いておきます。3回目の勝負では一番左の数字を倍にした金額を賭けます。この時は10ドルになります。その勝負で負けたとします。その場合は紙の1番右10ドルと書いておきます。つまり紙の数字は5,5,10となります。4回目の勝負でも同じように一番左の数字を2倍にした数字を賭けます。ここでも10ドルです。ここで負けた場合は3回目と同じように10を新しく書き足します。紙の数字は5,5,10,10となります。

では勝った場合について見ていきましょう。6回目の勝負も一番左の5を倍にした数字を賭けます。10ドルですね。ここで勝った場合、一番左の5を消します。紙の数字は5,5,10,10となります。7回目の勝負も番左の5を倍にした数字を賭けます。やはり10ドルですね。ここで勝った場合、やはり一番左の5を消します。紙の数字はもう一つの5が消えて5,5,10,10となります。8回目の勝負は1番左になった10を賭けます。勝ったら一番左の数字を消します。最後に残った10が消えたら、1ラウンド終了です。

このカジノ 攻略法は、1ラウンドが終了すると、必ず利益が手元に残っているようになるカジノ必勝法です。マーチンゲール法でも、どこで勝負を降りるのか難しいところですが、この方法であれば常に利益を確定してラウンド終えることができます。また、資金の増減の緩やかで、比較的低いリスクでゲームを楽しむことができるのも大きなメリットです。一方、勝ったり負けたりが続いた場合は、このウィナーズ投資法はカジノ必勝法としての力を発揮しないので注意しましょう。

負けや損失をマーチンゲール法のように一度に取り戻そうとせず、徐々に取り戻すことを目指すウイナーズ投資法は、リスクを抑えつつゲームを楽しめるオンライン カジノ 勝ち 方の1つですのでぜひ試してみてください。

マーチンゲール法をさらに改善したカジノ必勝法ココモ法

このオンライン カジノ 勝ち 方であるココモ法は、連敗が続けば続くほど、勝ったときの利益が大きくなると言う、とてもユニークなカジノ必勝法です。マーチンゲール法と同じように、負けを1度の勝利でそれまでの損失を取り戻すと言う点では同じですが、マーチンゲール法に比べて、損失の上昇率が緩やかなため、マーチンゲール法のデメリットをやや抑えることができるカジノ 勝ち方です。このココモ法は基本的に3倍配当のゲームで効果を発揮するので覚えておいてください。連敗するほど買ったときの利益は大きくなるというのはちょっと意味がわからないと思いますので具体的に説明していきます。賭け方をざっくり言うと、負けた時には前回とその前の勝負で賭けた金額を足した金額を賭けると言うものです。具体的に例を出した方がわかりやすいので、具体例を出して説明していきます。

まず前提として、連敗している状況を想像してください。最初の2回は、10ドルをかけます。賭けた金額は10,10となります。そして3回目に、この前2回の賭け金額を合計した数字の20ドルをかけます。賭けた金額は10,10,20となります。次の賭け金額は前2回の賭け金額を合計した30ドルになります。賭けた金額は10,10,20,30となります。次の賭け金額は前2回の賭け金額を合計した50ドルになります。賭けた金額は10,10,20,30,50となります。

このカジノ 勝ち方では、このように連敗しているときはひたすら前2回のベットの金額を足して、勝負します。

ではこの次の回で賭ける金額はいくらになるでしょうか。前2回が30ドル、50ドルなので合計は80ドルになります。このように、連敗すれば連敗するほど賭け金額が増えるので、勝った時の利益も大きくなります。もっとも、2倍配当のカジノゲーム で使う時には注意が必要です。例えばブラックジャックやバカラなどの場合や、ルーレットの赤黒や偶数奇数の場合、勝った時の利益が大きくなるとは言え、この例で見てもらえればわかるように、それまでの賭け金額は120ドルで、一度買っただけでは負けを取り戻すことができません。しかしながら、これがこのカジノ 勝ち方のココモ法のメリットでもあり、マーチンゲール法のように大きく賭け金額を賭ける事がないので、たとえ1度で取り戻せなくても、ある程度損失を取り戻していくことができます。

ココモ法が最も効果を発揮する3倍配当で考えてみましょう。80ドルを賭けたときの勝った場合の配当は240ドルになり、それまでの損失120ドルを一気に取り戻すだけでなく利益も出すことができることがわかります。3倍配当は、2倍配当に比べて負ける確率が高くなりますが、このココモ法を使えば上手に損失を取り戻しつつ、利益を生み出すことができるので、興味のある方は是非使ってみてみてください

最も手堅く、利益も狙えるカジノ必勝法: グッドマン法

グッドマン法は、1235法とも言われるカジノ 必勝 法です。誰でも簡単に使えると言うメリットだけでなく、少ない資金で楽しみたいと言う人にオススメの優れたネットカジノ 必勝法です。グッドマン法では、1235法と呼ばれるように、チップを1、2、3、5と言うようにかけていきます。ここでも、カジノ 必勝 法を具体的な例で解説していきます。連勝していることを想像してください。

最初に10ドルを賭けたとします。次は20ドルを賭けます。さらに連勝を続け、次は30ドル、次は50ドル、そして50ドルまできたら50ドルのまま賭け続けます。

いかがですか。連勝を続ける間は1、2、3、5という通りにかけていくという意味が理解できたかと思います。

1235の途中で負けてしまった場合は、最初の1に戻ってやり直すことになります。上の例では、例えば30ドル賭けたところで負けてしまったら、次は10ドルからやり直すことになります。

このカジノ必勝法のメリットは、なんといっても、負けても大きく負けると言うリスクが少ないと言う点があります。仮に、パーレー法などで考えてみましょう。連勝すればするほど賭ける金額が膨らんでいくので、一度負けてしまえばそれまでの利益が全てゼロになってしまいます。ところがこのグッドマン法では、途中で負けたとしても、ある程度利益を手元に残すことができます。また、最初の時点で負けたとしても、1の単位の場合にはそれほどまでの金額大きくないので、リスクを最小限に減らすことができます。また、手元に100ドルしかなかったとしても、10ドルを10回ずつかけることができるので、手元の資金が少なくても実行しやすく、さらに連勝すればするほど手持ちの少ない資金から大きく増やすことも可能になると言うメリットがあります。もっとも、このグッドマン法は3連勝しないと利益が増えていかないと言うデメリットがあります。またたとえ連勝してもパーレー法のように爆発的に資金が増えるわけではないので忍耐が必要になります。もっとも、負けてもリスクが小さいため、長くのんびりとゲームを楽しみながら時間をかけていきたい、しかし資金は少なくてそれでも大きく資金を増やしたい言う方にはお勧めのバランスのとれたカジノ必勝法ですので、興味のある方は必勝カジノオンラインとして是非使ってみてください。

インターネット上で有料販売されているカジノ必勝法:  ドクターシュミット法

ドクターシュミット法(Dr.Schmidt)はインターネットで話題になっているルーレットの目を読むオンライン カジノ 攻略 法です。調べてみると、インターネット上では、分速$250とか、1日10万円の不労所得が得られるというセールスコピーであふれています。このドクターシュミット 法ではルーレットで次に来る番号を予測するオンライン カジノ 勝ち 方としてインターネット上で有料販売されています。

このドクターシュミット 法が本当にルーレットの次の目を読めるなら、それは革命的なことと言えますし、ランドカジノもオンラインカジノも大騒ぎになっているはずなのですが、そういった動きは見られません。またルーレットの次の目を予測するためのオンライン カジノ 勝ち 方というのは実はすでに様々な種類があり、iphoneのアプリでもRoulette Predictorなるものがダウンロードできるくらい、世の中に溢れていますが、どのプログラムもすばらしいという声を聞くことはありません。伝統的な予想の仕方として、ルーレットのホイールを4つのエリアに分けて、ディーラーがどのエリアからボールを投げるのかを見た後で、どのエリアにボールが落ちることが多いのかを観察するやり方もあります。ただ、こうしたディーラーの癖というものはすでにカジノ側で対策が取られていますし、オンラインカジノではライブカジノ は例外として、マシンによる乱数発生装置で運営しているため、こうした癖というもの自体が存在しません。

ルーレットはそれまでの結果と、次の結果はまったく相関するものではない独立事象のため、基本的に予測すること自体ができないものとされています。

ドクターシュミット がどのようにして次のルーレットの目を予測するのかは興味がありますが、さらに情報が出次第お届けします。

まとめ

いかがだったでしょうか。マーチンゲール法からグッドマン法などまで、カジノで知られているカジノ 必勝 法がどのようなものかを理解できたかと思います。こうしてオンライン カジノ 攻略を見てわかるように、必勝カジノオンラインとか、カジノ 勝ち方と言われるものは、基本的に次の出る結果を予想するものではなく、自分の資金をリスクを減らしつつ、勝つ可能性を高めるためにどのように管理してベットしていくかというものに重点が置かれているのが分かったと思います。もちろんカードカウンティングのように高度な方法により予想する方法もありますが、カードという独立事象ではない要素がある例外です。

最後にこうした必勝カジノを使う際に気をつけておくべき点について解説しておきます。まず、どんなに素晴らしいカジノ 勝ち 方といっても、カジノはギャンブルです。ギャンブルと言う事は、基本的に運に左右されるものであって、確実に勝つネットカジノ 必勝法や、オンライン カジノ 攻略言うものでは無いことを常に頭に入れておくようにしましょう。

次に控除率と言うものについて注意を払うようにしましょう。控除率と言うのは、カジノの胴元の取り分です。現在世界中ではパリミュチュエル方式 とも呼ばれる方法でこの控除率が運営されています。このパリミチュエル方式は1867年にムーランルージュの演出家フランスのジョセフ・オレール(Josephe Olier)が考案した古い歴史のある興行主の運営方法で、フランスで正式に採用された他、日本でも明治・大正の時期に採用されており、現在は競馬、競輪、宝くじなど、すべての公営ギャンブルと呼ばれるもので採用されています。具体的には、すべての賭け金から運営側の取り分を取った上で、残りの金額を勝者に分配するという方法です。カジノの胴元が必ず最後は勝つと言われる理由はここにあります。具体的な控除率は宝くじでおよそ55%、オンラインカジノではゲームにより変わりますがおよそ1%-5%程度です。他の公営ギャンブルに比べてオンラインカジノが非常に勝ちやすいと言うことがわかりますが、ここにも注意が必要です。というのは、確率が50%のゲームであったとしても、購入率が引かれることから、実際の確率は50%よりも低くなると言うことです。つまり、自分が2回に1回が勝つと思ってるゲームも、長い目で見れば、確率的には2回に1回も勝てないというのが事実になります。したがって、カジノ必勝法といえども、この控除率は必ず考慮に入れて、できるだけ長期間ではなく短期間で勝負を決めるように注意しましょう。

さらに注意が必要なのは、インカジ 必勝法と呼ばれるインターネットカジノ関係のものです。インターネットカジノとはオンラインカジノとは異なり、正式なライセンスを取得せずにカジノを運営する闇カジノです。インカジ 必勝法といって漫画喫茶のような場所でカジノを行いますが、インカジ 必勝法はインカジ自体違法なので、基本的にインカジ 必勝法には手を出さないように注意しましょう。

厳選 カジノ必勝法を試すならココ オンラインカジノオススメ

 

さて、ここで解説したカジノ必勝法も、実際に使ってみない限りなかなか身に付くものではありません。ランドカジノに行くと言うのはお金もかかりますし、時間も必要になります。そこでオンラインカジノを使うのが最も便利です。オンラインカジノは、海外のカジノが合法な国で正式にライセンスを取得して、足の上しているので、基本的には安心して遊ぶことができます。またモバイルからでもアクセスできるので通勤電車や、出張の時など、ちょっとした時間とWi-Fiがあればどこでもできるのも特徴です。その中で、カジノ必勝法を試すために最もオススメなカジノを2つ紹介します。

1)カジノ必勝法を試すならココ ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは、日本で最も人気のある、日本人ユーザが非常に多いことで有名なぁと言うサイトです。ライセンスはマルタ共和国で取得しており、完全に合法のカジノサイトですが、日本人向けに日本語サイトや日本語サポートを入手しているため、日本の方でも非常に安心して楽しむことができるオンラインカジノサイトです。また、ゲーム業界最大手のゲームプロバイダーであるマイクロゲーミングやNetEntから提供受けており、業界最高レベルのゲームをいつでも楽しむことができます。しかもモバイルにも完全に対応してるのでスマホからでもすることができるのでオススメです。また様々のボーナスも用意されているのでぜひチェックしてみると良いでしょう。

 

2)カジノ必勝法を試すならココ カジノシークレット

カジノシークレットは2018年から運用始めた比較的新しいオンラインカジノサイトですが、キャッシュバックと言うこれまでになかったユーザーフレンドリーのシステムを採用したことにより、まったく新しいオンラインカジノとして、あっという間に業界最大手の1つになっています。

従来のカジノでも、登録ボーナスや、入金ボーナスなど、様々なボーナスが用意されていたものの、そのボーナスを使うには様々な条件が課せられており、実際にはほとんど使うことができない、もしくは自分が入金するとそのボーナスが使えなくなると言う不都合があり、ユーザからの不平や、苦情の対象になっていました。これまでにない全く新しいオンラインカジノであるカジノシークレットは、キャッシュバックシステムと言うのを採用しました。キャッシュバックシステムと言うのは、実際にゲームを負けた場合でも、その賭けた金額の最大70ドル、50%までキャッシュバックされると言うシステムです。キャッシュバックされたお金は、全く条件がありません。その場ですぐにもう一度かけることも出金することも可能です。

今、マルタ共和国で正式にカジノのライセンスを受けている、合法のカジノサイトであり、業界最大手のゲーミングプロバイダからゲームの影響受けているほか、ライブ会場が非常に充実していることでも有名です。キャッシュバックシステムを利用してオンライン カジノ 攻略や、オンライン カジノ 勝ち 方を実践するにはお勧めのサイトです。

ぜひこうしたオンラインサイトで腕を磨いてみてください。

 

manekinekocasino.com 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!