4千円分の入金不要ボーナスをゲット

オンラインカジノ違法

オンラインカジノは合法?違法?

日本では原則ギャンブルは禁止されているので、オンラインカジノは日本では違法ではないか?と思う方も多いと思います。
この記事では、オンラインカジノが日本で合法なのかどうか、その法的な位置づけ、将来、そして安全にプレイする方法を解説します。

現状オンラインカジノは違法ではない。だが……

結論から言えば、日本でオンラインカジノをプレイするのは違法ではありません。
ただし、より正確に言えば「オンラインカジノのプレイを規制する法律がまだ存在しないため、違法ではない」というのが現状です。
そして、これはあくまでプレイに関してで、オンラインカジノの運営が日本で行われている場合、運営側が逮捕される可能性は十分にあります。

日本の賭博法の意図と判例

少々複雑ですが、それを理解するには、日本の賭博罪がどんな歴史的な背景や意図があるのかをまず理解する必要があります。
オンラインカジノに関係する法律に関しては、下記の2つがあります。

  • 単純賭博罪
    賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
  • 常習賭博罪
    常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。

ここでいう賭博とは「偶然の勝敗によって,財物等の得喪を2人以上の者が争うこと」と法的には定義されています。
単純賭博罪は賭博をした者を処罰する法律で、常習賭博罪は、常習的に賭博を行っている者を処罰する法律です。
当然ながら、後者の方がより罪は重くなっています。
さらに賭博を運営している人を罰するものが2項に規定されています。
この法律には規定していませんが、この2つの条文は必要的共犯と言う概念になっています。
必要的共犯とは何かと言うと、ある犯罪を犯すにはそれに加担するもう1人の共犯者が必要である犯罪のことをいいます。
ここでは単純に賭博に参加した人と賭博を運営している人が必要的共犯関係になっています。
つまり、賭博に関する法律は賭博をした人だけではなく、賭博を運営した人も共に処罰するものであってどちらか片方では処罰できない言うことです。
したがって、必要的共犯で処罰するには、運営者も処罰する必要があるということです。

オンラインカジノで遊ぶのは、現状グレーゾーン。注意は必要

オンライン カジノは法律的な観点から見ると、厳密に言えば違法ではありません。
なぜなら、オンラインカジノはそもそもカジノが合法の国で正式にライセンスを取得して運営しているもので、日本のように賭博が違法の国で運営してるわけではないからです。
従って、オンラインカジノの運営母体は、運営する国では合法です。

しかし、日本では賭博は違法です。
インターネット上で海外のオンラインカジノサイトで遊ぶ事はオンラインカジノ違法として処罰できるのかというのが問題になりましたが、日本の法律は必要的共犯を前提としているので、賭博の運営者を処罰できない限りその参加者を処罰することはできません。
したがって、日本から海外のオンラインカジノで遊ぶ事はオンラインカジノ違法ではないと考えられます。
とはいえ、法理の解釈は今後変わっていく可能性はあるため、注意する必要はあるでしょう。

オンラインカジノでの逮捕事例

オンラインカジノで逮捕された事例は3つあります。
これらの事件以降はオンラインカジノをプレイしていて逮捕と言うのは無いようです。
オンライン カジノの法律の面で言うとこの3つの逮捕の事件において問題になったのが賭博罪の必要的共犯と言う観点です。
実際にカジノ運営者と言えるのかどうか微妙な事例もあり、またその点を争われたときに不起訴になった事例もあるのでオンラインカジノの逮捕事例を一つ一つ見ていきましょう。

  1. 2016年2月のNetbankQ事件
    この事件では人気の決済サービスであるNetBanQが逮捕されました。当時の新聞によればさいたま市浦和区の通信会社役員の男と埼玉県蓮田市の会社員が逮捕されており、この2人2012年11月28日ごろから全国の客約1600人から総額23億2800万円を賭けさせ約10億4400万円の収益を上げていたようです。オンラインカジノに接続させてその決済を行なっていることから実質運営者であるとして処罰されました。決済を担当しているだけで、実際に運営していたのは海外の正式なオンラインカジノでオンラインカジノ違法な運営をしていたわけではないので、あまりにも酷なようにも見えますが、この決済がなけれそのオンラインカジノで遊べないと言う事情もあり、かなり深くつながっていたようなので、ネットカジノが違法という判断はまぁ妥当かなと言うような判断になっています。
  2. 2016年3月のスマートライブ事件
    この事件では海外で正式に運営されているオンラインカジノ「スマートライブ」で遊んでいた個人のプレーヤーである日本人男性3名が逮捕されました。当時の新聞によれば、埼玉県の男性2名と、大阪府の男性1名が逮捕され、初めて無店舗型のオンラインカジノとして逮捕された事件とされました。警察が逮捕した理由は「オンラインカジノサイトが日本人女性ディーラーを用意している他、日本語に対応していて、賭博の開催時間が日本時間の夕方から深夜にかけてに設定されているため、オンラインカジノの拠点がイギリスで、正式なライセンスを決定上しているとしても、実際には日本人向けのサービスである」から、違法であり、その会場で遊んでいた3人も違法だと言う論理でした。しかし、イギリスで正式にライセンスを受けた海外のオンラインカジノサイトが日本語のサービスを提供して、日本人ディーラーを教えるからといって、日本国内で行われているカジノと同視してネット カジノ 違法だとするのはあまりにも行き過ぎです。実際この事件では2名が検察の提案を飲んで略式起訴の形で罰金を支払い、1名は裁判で争うことを鮮明にした結果検察側が不起訴(裁判しない)判断をしたので、結局何の罪にもなりませんでした。おそらく警察の内部で盛り上がって逮捕まで至ったものの、裁判所や検察の判断としてこの判断は行き過ぎだと言う結論にいたり、不起訴処分をしたものと思われます。実際にこれ以降海外の合法的なオンラインカジノで遊んでいて逮捕されたと言う事例は無くなりました。この事件に関する詳細は担当された津田弁護士という方がブログで解説していますので、興味のある方はそちらをご覧ください。
  3. 2016年6月のドリームカジノ事件
    こちらは海外のオンラインカジノとして運営されていたドリームカジノの運営者が逮捕されたものです。このドリームカジノ事件では3名の日本人男性が逮捕されました。ドリームカジノは海外のオンラインカジノとして、オランダ領キュラソーで登録されており、決済会社もキプロスと言う表記をされていましたが、実質上の運営事務所は大阪にあり、そこで事実上運営を行っていたようです。この事件は海外のオンラインカジノだとしていたにもかかわらず実際は大阪のオンラインカジノであったと言う点で、他の2つの事件とは異なり、これまでの違法カジノや闇カジノの逮捕事例と全く同種の事件でした。

この3つの事件で最も重要なのは2番目のスマートライブカジノ事件です。海外の正式で合法なオンラインサイトで遊んでいただけなのにプレーヤーが逮捕されると言う必要的共犯を無視した警察の勇み足となり、結果的に不起訴になっていることから検察も海外の合法的なオンラインサイトで遊ぶことは刑法に触れないという判断をしたものと言えます。
もちろん海外の合法的なオンラインサイトで遊ぶ事が法律で認められているわけではなく、法律の規定上処罰されないというだけなので今後処罰する法律が規定された場合には当然処罰対象になりますが、これは国会の仕事になります。

ただし、今後変わる可能性は十分にある

海外にサーバを置き、日本人向けに違法なわいせつ動画がアップロード可能なサイトを運営していたサイトが近年逮捕された事例もあるため、これからも判例等を要チェックする必要があります。

オンラインカジノ違法かどうかの将来についてーカジノ法案の行方

オンラインカジノ違法という話題から少し離れて、実際にどこかの建物でカジノ運営する場合について考えてみましょう。
これまでの日本の法制度では賭博を運営する事はオンラインカジノにかかわらず違法でした。
しかし2016年12月15日に、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(統合型リゾート(IR)整備推進法案通称カジノ法案)が衆議院本会議で可決され、日本もついに正式にかつ合法的にカジノ設置に舵を切りました。
既に成功しているシンガポールのマリーナベイサンズをモデルにした統合型リゾート開発計画を現在進めています。
この法案では統合型のリゾートの設置を目的としています。
統合型リゾートと言うのは要するにショッピングセンターや博物館や展示場などを複合的に観光客が楽しめる施設のことで、そこにカジノを設置することを許可したものです。
よくニュースなどでカジノ法案と言いますが、決してカジノだけの設置を許可したものではないので、カジノ法案ができたからといって新宿や、渋谷に、カジノがたけのこのように開店すると言う事にはなりません。
カジノ設置が予定されている東方リゾートは、全国でおよそ23カ所になる見込みです。
現在は8カ所の自治体が名乗りを上げており、2020年には候補地が決まり運営に向けて実際に建設が始まる見込みです。この統合型リゾートでカジノが一般的となれば、当然オンラインカジノ違法の問題も審議されることになるでしょう。
その場合は現在のオンラインカジノが違法と言う観点が大きく変わることも考えられます。

まとめ

以上、オンラインカジノが違法かどうかという疑問について説明しました。
オンラインカジノそれ自体が違法ではなく、しっかり合法的にライセンスを取得して合法的に運営していることを常に確認することはとても大切です。
しかしながらm闇カジノや違法カジノというのもは存在しているため、そのようなカジノをプレイすると逮捕されるということはしっかり頭に入れておきましょう。

セルフポートレートミズキヤマダ

Mizuki Yamada