今回はオンラインカジノ 税金について解説します。

オンラインカジノは海外のサイトである上に、日本の税法上カジノは規定されていないのでどんな税金がかかるのかもわかりにくいという問題があります。またオンラインならばれないんじゃないかという疑問も聞きます。競馬や競輪やパチンコと違う点があるので同じように扱うと重加算税など大変な目に遭う可能性もないわけではないので、ここでしっかりとオンラインカジノ 税金について押さえておきましょう。

オンラインカジノとは

まずオンラインカジノというのはインターネット上で遊ぶことができるカジノのことです。海外で合法的にライセンスを取得した企業が運営されています。合法的にライセンスを取得しているためだれでも自由に遊ぶことができます。オンラインカジノはインターネット技術の発展に伴って急速に増えています。モバイルでどこでもプレイできて、日本人向けに日本語のサイトやサポートが用意されているカジノもあります。

日本で運営されているカジノはゲームの一つでしかないので実際にお金を賭けたり、勝ってお金を増やすということはできません。しかしオンラインカジノでは実際に現金を賭けることができ、勝てばもちろん大金を手にすることもできます。日本のクレジットカードや銀行に対応しているカジノもあるので、オンラインカジノで勝てばもちろん億万長者になることができます。オススメのオンラインカジノランキングはこちらに用意しているので参考にご利用ください。

オンラインカジノ 税金を払う義務はあるのか

オンラインカジノで勝った場合、オンラインカジノのような非課税対象以外のギャンブルの収益は、税法上「一時所得」とみなされます。そのため所得税としてオンラインカジノ 税金を納める義務があります。一時所得とは「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で、労務その他役務または資産の譲渡の対価としての性質を持たない所得」というものです。わかりやすくいうと、働いて得たものではなく、商売の利益でもなくて、降って湧いたような臨時収入のことです。生命保険の一時金、お金を拾った場合に誰も持ち主が現れずに自分のものになったときのようなものが該当します。ちなみに株の売買やFXなどで利益を上げた場合は雑所得として扱われます。

オンラインカジノ 税金を払わなくてはいけない理由

非課税対象以外のギャンブルにはどのようなものがあるのでしょうか。例えば宝くじや競馬、競輪、パチンコなどがあります。この点は驚かれる方がいらっしゃると思います。宝くじも高額当選者を対象に課税しています。高額当選した方は納税のための冊子が配られていて、税金を納めることになっています。ちなみに競馬、競輪、パチンコなどで大当たりを出しても税務署に行った方はいません。他方オンラインカジノ 税金は払わないといけません。それはなぜでしょうか?実はそのお金の受け取り方の違いがあります。

競馬、競輪、パチンコはその当選した馬券やチケットを直接窓口に持ち込んで現金と交換するため、誰がいくら換金したのかという記録が残りません。そのため法律上は納税義務があるものの実務運用上はスルーされています。これに対してオンラインカジノは何らかの方法で資金を送金する必要があるので、記録に残りやすく、税務署が把握しやすいためです。こちらは実務上しっかりと勘定にいれて計算されるので逃れるすべはありません。

ちなみに、競馬も現在は馬券をネットで買う時代になっていて、取引記録が残っていることがあります。実際に2012年に約3460万円、2014年に約1億4350万円の課税所得があったのに払戻金の所得税を払わなかった大阪府寝屋川市職員(48歳)が所得税法違反で大阪地検特捜部に在宅起訴されています。この例では金額ではなく、ネットで馬券を購入したため、個人を特定できる記録が残されていたことが決め手となっています。

オンラインカジノ 税金の計算方法

一時所得は国税庁のホームページによれば次のように計算します。

総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

で計算されます。

総収入金額というのは勝った合計金額のことを言います。収入を得るために支出した金額というのは経費ことです。特別控除額は一律で決まっているものです。現在は50万円

と決まっているので、50万円までは非課税だということを覚えておきましょう。

注意すべき点としては、負けた損失は経費として換算されないので、こちらも押さえておきましょう。株式やFXの経験者の方は損失が経費として差し引かれる雑所得の処理で理解されているので、よく間違えられます。

オンラインカジノ 税金の一時所得は元日から12月31日までの所得で計算されます。この1年間の間に勝った金額が50万円を超えたら、納税しましょう。

一時所得の税率は現在50%です。上の計算式で出た一時所得の50%を納める必要があります。例えば次のような計算をします。

総収入金額(100万円)-収入を得るために支出した金額(0円)-特別控除額(50万円)=一時所得金額50万円x 税率50% = 納税金額25万円

オンラインカジノ 税金の支払い方法

オンラインカジノ 税金は所得税として支払うことになります。企業にお勤めの方は企業が皆さんに変わって納税手続きをしているため、普段納税の経験はないはずです。オンラインカジノ 税金は企業の給与所得とは別になるので、自分で納税する必要があります。

納税は確定申告で行います。確定申告は2月16日ー3月15日の間に行うのが通常です。

オンラインカジノ 税金の確定申告で必要なものは国税庁のホームページでも確認できますが、1、源泉徴収票、2、支払調書、3、経費領収書の3つです。源泉徴収票は企業にお勤めの方は年末年始に会社から受け取っているはずです。支払調書というのは聞いたことがないかもしれませんが報酬を支払った側が作成する書類です。オンラインカジノ 税金の場合はオンラインカジノに請求して送ってもらうことができますが、オンラインカジノの支払い記録をプリントアウトするだけでも十分な場合があります。詳細は管轄の税務署に確認してください。経費の領収書は要するにレシートです。ノートを購入したり、交通費がかかった場合に用意しますが、オンラインカジノ 税金ではあまり関係はありません。

オンラインカジノ 税金の記録が残らない方法

オンラインカジノ 税金は記録が残ることから納税対象として補足されていますが、現在のオンラインカジノには様々な決済手段が用意されており、その中には当局が補足しにくいものも含まれています。今回はその2つを紹介します。

一つはビットコインです。ビットコインは匿名制が高い国際的な資金決済手段として使用される暗号資産です。オンラインカジノでもビットコインに対応しているカジノがあります。ビットコインで決済する場合、匿名性と通常の資金の流通から外れていることから、日本の税務当局が補足するのは非常に困難になります。もう一つはエコペイズのデビットカードを使う方法です。この方法はセブン銀行のATMが使えて現金を引き出せるため、銀行送金のように受け取ったという記録がのこりません。最も、こうした方法でも納税義務が消えるわけではありませんので、きちんと納税することをお勧めします。

まとめ

オンラインカジノ 税金は一時所得にあたり納税義務が発生するということや、オンラインカジノ 税金の納税金額の計算方法、納税時期について理解できたかと思います。詳細が必要な場合は国税庁のホームページや管轄の税務署で調べてみることをお勧めします。

manekinekocasino.com 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!