今回はギャンブル運について解説します。

カジノゲームや博打には勝つための戦略や資金管理方法がありますが、ゲームで勝つためには運の要素が非常に大きいです。日常的に「あの人はギャンブル運がある」ということがありますが、本当にギャンブル運というものがあるのでしょうか?そして本当にギャンブル運というものがあるとしたら、どのようにしてそれを引きつけることができるのでしょうか?こうした疑問に対して解説していきます。

ギャンブル運はあるのか

これについてはあるともないとも言えません。客観的な事実を科学的に分析する場合、勝ち負けの割合そのゲームの、賭け方から算出されるオッズに従うことになるのでギャンブル運というものは存在しないと言えます。勝ちが続くことも負けが続くこともありますが、客観的に言えば偏差と偶然の一致にすぎません。しかしながらカジノゲームには波がありそれをうまく捕まえることができる人を見るとギャンブル運があると思わざるを得ません。ひょっとしたら良い精霊というものがいてその人に状況を伝えているのかもしれません。つまりギャンブル運というものは科学的には証明できないものです。そのためあるともないとも言えないのです。

ギャンブル運を捕まえるには

では、この漠然としたギャンブル運を捕まえる方法はあるのでしょうか?ギャンブル運を引き寄せるための最もポピュラーな方法は幸運のグッズを身につけることだといわれています。ギャンブル運を引き寄せる幸運のグッズというのは例えば四つ葉のクローバーが有名です。欧米では馬の蹄鉄を身につけたり、ウサギの足やサイコロを身につけるとギャンブル運が上がると言われています。ギャンブル運を引き寄せる幸運の印というものもあります。ギャンブル運を引き寄せる幸運の印には、ラッキナンバーがあります。ラッキーナンバーは欧米では7とされ、アジアでは8とされます。また虹が出たらギャンブル運があるとか、床に落ちているコインを拾ったらギャンブル運あるとも言われます。

ギャンブル運がにげていくタブーの行為

ある行動はギャンブル運が逃げていくと言われ、タブーとされています。もちろん科学的な根拠があるわけではありません。しかし昔から言い伝えられてきたものです。ひょっとしたら本当に何かがあるのかもしれません。例えば欧米では次のような行為がギャンブル運が逃げるタブーとされています。

「勝負で勝っている時には決して目をそらしてはいけない」

「ベットテーブルの椅子を回転させてはいけない」

「ゲームを遊ぶ前、ゲームを遊ぶ最中に手を洗ってはいけない」

「他のギャンブラーの肩を触ってはいけない」

と言ったものがあります。

また中国では霊が勝負に干渉していると考えられており、中国のギャンブラーは非常にこうした儀式やタブーを気にしています。中国では数字がギャンブル運を運ぶと信じられており8の数字を好みます。漢字で八は末広がりの形で、幸運が舞い込むと信じられています。逆に4の数字はギャンブル運が逃げるとして避けます。また妊娠している女性はギャンブル運を呼び込むと信じられており、歓迎されます。お腹に別の目を持った人間がいるため勝ちやすいと信じられています。さらにギャンブル運は色が重視されます。赤色は喜びを表しており、多くの人が赤色のネクタイや下着の色をえらんでカジノに向かうそうです。こうした考え方の背景には風水が関係しており、常にギャンブル運のいい風水と悪い風水を考えながら勝負しているそうです。

ギャンブル運と風水

風水とは中国で4千年前に生まれた「気」の力を利用した環境学をいいます。簡単に言えば清潔なものには良い気が、不潔なものには邪気が集まるというものですが、衣食住といった人間の生活全般のほとんどすべてにわたって細かい決まりごとのようなものがあります。その中でギャンブル運を向上させる金運アップの風水を解説します。

ギャンブル運は水場から

風水では台所が金運を向上させる鍵とされます。お金は食べるものを手に入れるために必要です。その食べるものが生まれる台所が不潔だと邪気が溜まってしまい、良い金運が流れて悪い金運が来ると言われています。悪い金運というのは浪費とか不慮の出費ということです。また台所は「水」を表す場所であり、「水」は「金」をピカピカにするという意味から相性の良い組み合わせとされています。そのため台所を清潔にすることがギャンブル運を向上させると言われています。

これと同じようにトイレもギャンブル運にとって重要な場所だと言われています。トイレも「水」を表す場所とされ、不潔なトイレはギャンブル運が落ち、清潔なトイレはギャンブル運が向上すると言われています。日本でもこれを信じている経営者の方も多く、中には毎日自分で会社のトイレを掃除している人もいるそうです。

ギャンブル運と占い

ギャンブラーの中にはゲームを始める前にすでにギャンブル運や勝負が決まっていると考える人たちもいます。大当たりをしたり、大損した後でそう言えばこんなことがあった、ということが迷信として語り継がれているものですが、中には大損を避けるために信じられているものもあります。

中国のギャンブラーはギャンブル運を星占いで占います。星座の星回りで自分が大当たりを出せるかどうかがわかるのだと言われています。また占い師がギャンブル運や大当たりを予言できると信じて占い師の予言を重視する人もいます。

ギャンブル運を向上させるための3つの秘訣

こうした情報を元にギャンブル運を向上する代表的なものを3つ紹介します。

1、色に注意する

中国では赤色がギャンブル運を向上させるといわれており、縁起の良い色とされてカジノでもあちこちで利用されています。しかし風水的にみるとこれは間違っています。赤色は「火」を表しておりギャンブル運を表す「金」を溶かすと言われています。ギャンブル運を溶かすということは、ゲームに負けて大損するということです。ではどの色が良い色でしょうか?ギャンブル運を表す「金」は金属を意味します。風水では金属は「土」から生まれて「水」により磨き上げられるものとされています。つまり土を表すような茶色、黄色、ゴールド、または水を表す水色が良いとされます。ちなみに中国人が赤色が好きなのは、中国の統一王朝「漢」が「火」の属性を持ち、赤色を旗印にしていたことが関係しているそうです。

2、ギャンブル運に由来のある神社を参拝する

日本には金運やギャンブル運に由来のある神様を祀った神社があります。そうした神様を参拝することでギャンブル運があがったという話もあります。ギャンブル運も結局は神頼みなのでしっかりと参拝しておくと良いでしょう。

有名な神社はこちらです

ー神奈川県鎌倉市にある銭洗弁財天宇賀福神社

源頼朝が宇賀神を祀ったことに由来する神社です。洞窟内にある清水でお金を洗うと増えると言われています。

ー愛知県山田天満宮金神社

1746年に福徳円満、商売繁盛、金運招来、街道往来の御神徳とご加護を願って奉祀された神社です。御神徳が人々の財貨を金明神の御神水で洗い清めると言われています。

ー愛媛県の伊豫豆比古命神

伊豫豆比古命神は「いよずひこのみことじんじゃ」と呼びます。地元では椿神社とも呼ばれており、伊豫豆比古命や伊豫豆比売命などの日本創成に関わった神様を祀った神社です。2000年以上の歴史がある縁起開運の神社として知られています。

まとめ

ギャンブル運は科学的に証明されていません。しかし身近に感じることも多いためまったくないと言い切れないのも事実です。ギャンブル運を向上させる方法をとって実際にギャンブル運が上がり、カジノで勝ったり仕事で成功したという話もあります。しかし客観的にはただの偶然という場合もあるため頼りすぎることは禁物でしょう。ギャンブル運にとって最も悪いことは冷静さを失ってしまうことです。こうした情報は参考としてギャンブル運を向上させる行動を取ってみるという程度で済ませておくことをお勧めします。

manekinekocasino.com 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!