皆さん、クラップスと言うカジノゲームはご存知でしょうか?

カジノに行ったことがある人なら、浴槽のようなテーブルに人が立った状態で取り囲んでいて、何かをするたびに突然盛り上がったり、静かになったりというの不思議な光景を目にしたことがあるかもしれません。クラップスカジノといってもブラックジャックや、ルーレットのようなカジノを代表するゲームではないので、単にテーブルのレイアウトを見たりするだけでは、よくわからないことが多いのがこのクラップスと言うゲームです。サイコロを投げてそのたびに周りを取り囲んでいる人が喜んだり何も反応しなかったりするのを見るだけでは、ほとんどこのクラップスカジノゲームの内容を理解することは不可能です。あまり日本ではメジャーではないものの、このクラップスカジノと言うゲームはサイコロを使った非常に単純なゲームで、実はアメリカを始めとして全世界で非常に人気のあるゲームでもあります。今後海外に行って、カジノで遊ぶ機会もあると言う事は、知っておいて損は無いので、ぜひ今回この記事を読んでクラップスについて理解してみてください。

クラップスの歴史

クラップスは西ヨーロッパで流行していたハザード(hazard)と言うゲームを、アメリカ
で簡単にして発展したものだと言われています。このハザードと言うのは、クラップス
と同じようにサイコロを使ったゲームですが、このハザードがどのようにして始まった
のかは曖昧で、はっきりしていません。今のところ十字軍の頃に生まれたのではないか
と言われています。はっきりしているのは、およそ1807年に、バーナード・ザビエ・
フィリップ・デ・マリニ・デ・モンデヴィ(Bernard Xavier Philippe de Marigny de Mandeville 1785–1868)により、ロンドンからニューオーリンズにもたらされたことが
わかっています。このフランス人はルイジアナの植民地の大土地所有者で、非常にリッ
チな家庭に生まれたギャンブル好きの方でした。

それで、この方は何をしたのかを言うと、おそらくそれまでにハザードをアメリカに持
ち込んでゲームをプレイした方はたくさんいたと思いますが、この方がやったのは、ハ
ザードのゲームをシンプルにしたことでした。ハザードでは、最高のスーパーはここか
ら9までどの数でもメインナンバーとして選択できるルールでした。しかしこの方はメ
インナンバーを常に7にするようにしました。もっとも、これですぐに普及したわけで
はなく、アメリカ人の上流階級にはこのハザードと言うゲームも、シンプルにしたルー
ルも全く受け入れられなかったようです。そこで彼は地元の下層階級にこのゲームを紹
介しました。これによりクラプスは徐々にミシシッピ川流域で流行となり、結果として
大流行になったことから、Marighnyの名前がニューオーリンズの新しい通りの名前に
なりました。

クラップスはもともとハザードの中で2または3の数字を指す言葉のクラブス(crabs)と言
う名前が、ルイジアナの訛りでクラップスになったと言われています。

その後第二次世界大戦中に米軍の兵士たちの間で爆発的に人気になりました。兵士たち
はすべての社会階級から軍隊に参加していましたが、このすべての人たちが夢中になっ
てたと言われています。戦場ではもう風をサイコロ振る大にして楽しんでいたようで
す。それが戦後帰還した兵士たちによってラスベガスで人気を博することにつながりま
した。

クラップスの遊び方

現在私たちがオンラインカジノサイトや、ランドカジノで目にするクラップスは、いわ
ゆるバンククラップス(Bank Craps)またはクラップスカジノ(カジノクラップス、 casino
Craps)と呼ばれています。基本的には四角いクラップスのテーブルを囲んで複数のプレ
イヤーやディーラーで遊びます。また基本的には立って遊ぶことをが奨励されていて、
席に座るのは例外的に疾病を持つ方のみとされています。

クラップスのテーブルはカジノの場所によって様々なサイズの違いがありますが、一般
的には小さなバスタブのような長方形の形になっています。ルーレット等と同じように
テーブルにはかけるためのレイアウトが用意されています。そこに現金ではなくカジノ
のチップを賭けていきます。レイアウト等の場所によって配当の金額や、当たる確率が
変わります。沖縄ランド会場ではテーブルに最大4人ほどついて、ディーラーを監督し
たり、チップを管理したりしています。小さな会場内だとミニクラップスと呼ばれる小さなサイズで運営しています。この場合でもディーラーは2人つくことが一般的と言わ
れています。

オンラインカジノの場合は、もちろんコンピュータが管理するのでクラップステーブル
にディーラーが何人もつく事はありません。

シューターと呼ばれる人が、このテーブルにサイコロを投げ入れて、出た目によりゲー
ムを進めていきます。

クラップスカジノのテーブルのレイアウトはこのような感じになっています。どの場所
がどういうかけ方でどんな配当なのかは、後ほど説明します。

クラップスルール クラップスルールは、各カジノにより、配当が異なったり、多少ルールが異なると言う
ことがありますが、基本的なルールは同じなので、その基本的なクラップスルールにつ
いて解説していきます。

1.As a craps rule, first of all, two participating dice roll in order.The person who throws this dice is called a shooter.Players participating in the craps will place chips at the designated locations on the layout table to participate.There are various ways to bet on the craps layout of the craps rules.

2.If you roll dice as a shooter, you need to apply either or both of Pass and Don’t Pass as craps rules.Pass and Don’t Pass are also called “Win” and “Don’t win” or “Right “and “Wrong”.

3. The game of craps is played in a round system, and this Pass and Don’t Pass decide the win or loss based on the result of the round.

4.Each round of craps has a phase called Come out and Point.I roll the dice at the beginning of the first round, and this is called Come out.

5. When the shooter rolls the dice, you must throw it so that it hits the inner wall.At this time, both dice must be hit, not just one.

6. If you throw only one die, the shot will be invalid.

7. If you come out 2, 3, or 12 in that come out, it is called a craps, and the person who bets on the pass on the spot loses. Those who bet on Don’t pass will win.

If 7 and 11 come out at 8, Come out, it is called natural, and the person who bets on Pass wins. Those who bet on Don’t pass will lose.Points 4, 5, 6, 8, 9, 10 are points. In this case, you will continue to throw until you get a 7.

9. Going to the second phase, point, the dealer turns on some button to indicate it.When the shooter hits, hit means when the player gives the same number as the total points, but when this is issued, the person who bets on The pass wins. Those who bet on Don’t pass will lose. And a new round will start again.If you roll a 7 before the shooter rolls out the points, the bet on Pass will be lost. Those who bet on Don’ t pass will win.This is called Seven Out.At this time, the next shooter will start the next round by passing the dice clockwise to the next person.

That’s all for basic craps.The important thing to keep in mind about craps in the craps rules is to play by standing around the craps table and surrounding it, throwing two dice until you hit the wall firmly, basically Is that the game progresses around a pass or Don’t pass, that you win or lose when you roll a 7, and you win or lose when you put out the number of points on the point page.Keep this in mind as an important point about craps rules.

How to bet craps

Next, I will explain how to bet at Craps Casino.

First and foremost, the shooter must be on the Pass Line or Don’t pass.

There are minimum and maximum bets set for each flaps table, so be sure to check the minimum and maximum bets before playing the game.

When betting on the Pass Line

The basic way to write craps is to bet on Pass Line.This is how you expect the shooter to win.When betting on the Pass Line, if a come out of 7 or 11 is called Natural, the person who bets on the Pass wins . On The Other Hand, If You Come Out With 2, 3 Or 12, It Is Called Craps (Or Clapping Out), And The Person Who Bets On Pass Loses. When Moving To The Point Stage, If The Player Issues The Same Number as the point before giving 7, the bet on the Pass wins, but if 7 is issued before that, the player bets on Pass People will lose.If you win, the dividend is double.

When betting on Don’t pass

When betting on Don’t pass at Craps Casino, this is a bet method that expects the shooter to lose.In this case, it is almost the exact opposite of when you use Pass Line.If you come out with a 7 or 11 come out, the bet on the Don’t pass will be the loser.On the other hand, if you come out 2, 3 and 12 in Come out, it is called (in the case of Craps) and the person who bet on Don ‘t pass wins, but only at 12 is called push It will be like a draw that is neither a loss nor a win.If you give the same number as the points before throwing 7 while moving to the point stage at Craps Casino, the person who bet on Don’t pass will lose, but 7 was thrown before that In this case, the person who bets on the Don’t pass will win.If you win, the dividend is double.

Bet on Come

Come is much like betting on the Pass Line, but with a different frame on the craps layout.You can only bet on Come after you have reached the point phase in craps.Betting on Come after the point phase is treated like betting on the Pass Line. Regardless of the round of the craps table, the person who bets on come wins if a 7 or 11 is rolled.On the other hand, if you get 2, 3, or 12 at Craps Casino, the person who bets on come will lose. In the case of 4, 5, 6, 8, 9, or 10, the dealer bets the chips to the number thrown by the shooter.This number is called the come bet point, and you will receive the same payout as you bet on PassLine.

Bet on Don’t come

Just as betting on a PassLine is just like betting on a Don’t pass, so come and Don’t come are in the opposite relationship.If 7 and 11 come out, the person who bets on Don7t come loses.On the other hand , if 2, 3 or 12 is rolled, the person who bets on Don’t come wins, but only at 12 is called a push, and it looks like a draw that is neither a loss nor a win.I will. For 4 , 5, 6, 8, 9, and 10, the dealer will bet the bet on the number the shooter threw, just as he would bet on come.

The above is the basic betting method for craps layout.In addition to this, there are multiple roll beds and single roll beds in the craps layout, so I will also explain this.

Multi-roll bet

At Craps Casino, a multi-roll bed is a bet that pays dividends as long as the number stays on top of it. Here are some typical ones.

Place

This Craps casino betting method is to bet on any number of points at Come: 4, 5, 6, 8, 9, 10. At this time, tell the dealer what number and how much to bet. For example, “10 to 5 chips” .If the shooter issues this number before giving 7, the dividend will be paid each time.For example, if you place in 4, you will get a dividend every time a shooter rolls 4.

Hard way

It is a method to see in 4, 6, 8, and 10. When you call on the hard way, you need to get 7, or 4, 6, 8, 10 before the numbers 4, 6, 8, 10 appear except for the same. By the way, it is called a soft way that the numbers 4, 6, 8, and 10 appear except the eyes. For example, suppose a player runs on 6th hardware. If you get a 7 or if you get a total of 6 for 2 and 4 or 1 and 5, then you lose. It’s a pretty tough match, but the joy of seeing all that much is a joy. Even with this hardware, casinos in Las Vegas have a mechanism that pays out every time the bet is made. If you’re out on the hardware, you may be allowed a lower bet than the minimum bet, so be sure to check before you start.

ビッグ6、ビッグ8(big6,big8)

crapsのビックシックス、ビックエイトは、7が出る前に6から8が出ることに賭ける方
法です。普通に数字の6または8にかける方が良い配当なのに比べて、こちらは配当は2
倍と低く、リスクは大きいので、普通はcrapsではこの賭け方は避けます。このかけ方

の唯一のメリットと言
えるのは、最低賭け金額以下の金額でかけることができる点にあります。

シングルロールベット(Single-roll bet)

crapsシングルロールベット(Single-roll bet)はサイコロを1度投げるそのシュートで出る結果を予想するもので、数字が出れば勝ち、出なければ負けです。マルチロールベットのように7が出るまでそこにある、というものではありません。ルーレットの1目がけと同じような賭け方です。ここでも代表的な賭け方を紹介します。

2に賭けることをスネークアイズとか、エースと呼びます。シューターがサイコロを投げて2が出れば勝ちです。

3に賭けることをエースデュースと呼びます。シューターがサイコロを投げて3が出れば勝ちです。

それ以外の数字も同じです。11に賭けることをYoと呼び、12に賭けることをボックスカー(boxcar)とか、ミッドナイト(midnight)とか、コーンローズ(cornrows)と呼びます。

2 or 12

シューターが2か12を出すことに賭ける方法です。ハイーローとも言います。スティックマンというレイアウト上でチップを移動させる係の人が2と12に賭け金を分けます。

エニークラップス(any craps)

シューターが2か3か12を出すことに賭ける方法です。この賭け方はフィールドではなく、右のサイコロの表の下にany crapsと書かれているので、そちらに賭けます。

エニーセブン(any seven)

シューターが7を出すことに賭ける方法です。別名ビッグレッドとも呼びます。こちらはサイコロの表の上にあるsevenと書かれている所に賭けます。配当は4倍となかなか大きいです。

C&E(クラップスアンドイレブン)

これは賭け方を組み合わせたものです。このかけ方は、チップの半分を2、3、12のクラップス(エニークラップス)にかけ、それ以外の半分を11(yo)に賭けるものです。クラップスレイアウトにあるCとEのところにかけます。ホーン(horn)

これは、2、3、11、12に賭けるかけ方です。次のシュートでサイコロの目が、2、3、11、12が出れば勝ちです。

ワールド(Whirl or World)

こちらはクラップスレイアウトテーブルには表示されていない賭け方です。このかけ方はホーンとエニーセブンの賭け方を組み合わせたものです。この賭け方は非常に多くのプレイヤーに好まれています。

フィールド

クラップスレイアウト中央にあるフィールドと呼ばれる場所に賭ける方法です。このフィールドに書かれている2、3、4、9、10、11、12の数字にかけて次のサイコロの目を予想するかけ方です。この時、2、3、4、9、11、11、12の数字が出れば勝ちになります。逆に5、6、7、8が出たら負けになります。配当は2、12が出れば3倍、それ以外の場合の配当は2倍になります。

こうした賭け方のほかに、プレースや、レイといった方法もあるので興味のある方は調べてみてください。

クラップスの配当

こうした賭け方それぞれによって配当が異なります。ちょっと複雑で、細くなりますが、メジャーな賭け方の表を作成しましたので、参考に利用してください。

こうした配当はそれぞれの出る目の確立から割り出されています。その出る目の組み合わせを網羅したものが下の表になります。これを見ると7が最も出やすく7から遠くなる程確率が低くなっていうことがわかります。

ラップスの最適な賭け方とは

クラップスには、すべての賭けに対してハウスエッジと呼ばれる控除率が設定されています。この控除率とはいわゆるカジノ運営側の取り分のことです。そのため長くcrapsを続けていれば確実にプレイヤーが負けることになります。とは言え、短期間で闇雲に勝負しても、やはりプレイヤーが負ける確率が高くなります。

そこでcrapsをプレイするにあたって、どのようなプレイの方法が最も効率的なのかを解説していきます。

1、Pass/Don’t pass やCome/Don’t comeを活用する

Pass/Don’t pass やCome/Don’t comeはクラップスルール上、最もハウスエッジが低く設定されています。そこでまずはこのlineを活用しましょう。

2、プレースを活用する。

任意の番号にかけることができるプレースは、マルチロールベットであり、いつでもチップを取り除くことが可能です。最初のカムアウトロールでも、次のフェーズのポイントのロールでも配当率は変わりません。最初のカムアウトロールは2対1でプレイヤーが有利ですが、それ以降のロールではDon’t passの有利さと同じだけ不利になります。

3、むやみに動かさない

最初のカムアウトロールが終わった後に、don’t pass やdon’t comeにかけたチップを動かすこともできますが、これはお勧めできません。最初のロールで不利な立場でリスクを取っているのでこれ以上リスクを取る必要ありません。

それ以外にクラップスルールで注意すべき点

基本的なルールや遊び方について、そしてレイアウトの配置について理解できたかと思います。それ以外にもクラップスルールには注意すべき点があります。例えばサイコロを投げるときに両手を使ってはいけません。両手を使ってサイコロを手の中で転がしてシャッフルさせると言う事は許されていません。常に片手で投げるようにしましょう。これ以外にも様々なテーブルのルールやエチケットがありますので、気になる方は調べてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。クラップスが非常に古い歴史を持っていてヨー
ロッパからアメリカへと旅をして今に至っていることや、複数の人でテー
ブルを取り囲んでみんなで楽しく盛り上がれるゲームだ、ということがわ
かったと思います。ハウスエッジや、配当率を参考にしながら少しずつ
ゲームを楽しんでみてください。いきなりランドカジノに行くのは他の人
と一緒にやるので、かなりハードルが高いです。やり方がわからないとな
かなか他の人の邪魔はできませんよね。そこで最初はオンラインカジノ
ゲームから始めることをお勧めします。オンラインカジノにはカジノライ
ブや、カジノカードゲームなど、ほぼ全てのゲームを楽しむことができま
す。また和のライブではそこにいるランドカジノと同じような緊張感を
持って遊べるので、まずはそこから始めるのが良いでしょう。ぜひオンラ
インギャンブルでクラップスを遊んでみてください。

manekinekocasino.com 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!