2020年1月20日、野党4党は統合型リゾート施設に関する法案、つまりカジノ法案を廃案する法案を国会に提出しました。

これを受けて1月20日付の朝日新聞では、政府は2020年代半ばにカジノ 法案 いつ実現するのかを決めるカジノ法案の基本方針の先送りを検討していると報道されました。

これは2019年12月25日に、現職の国会議員である衆議院議員秋本司(48)が、IR事業に参入を希望する中国企業側から300万円などを不正に受けたと受け取ったとして、東京地検特捜部に逮捕されたことが発端になっています。現金を渡した中国企業側はすでに5人程度の国会議員の名前を挙げており、その中には政治の中枢にいる人や、元防衛大臣などもいたため、カジノ法案の大きなスキャンダルに発展しました。

そのため、今後カジノ法案はどのような展開になるのか、日本版カジノ 法案 いつ実現するのか、その一環としてオンラインカジノ実現についても見通しが悪くなっています。そこで今回は今後のカジノ法案の展開について解説していきます。

日本版カジノ法案の最新情報!

それでは最初に日本版カジノ法案と言うものがどういったものかについて解説していきます。よく、カジノ法案、カジノ法案、と聞きますが、これは正式な名称ではありません。カジノ法案の正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(統合型リゾート(IR)整備推進法」という、長ったらしい名前です。これ以外にもカジノを具体的にどうやって設置したり、運営するのかについて決める法律なども成立していて、これらの法律全てをまとめてカジノ法案と呼んでいます

そしてこの「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(統合型リゾート(IR)整備推進法」は、ぶっちゃけて言えば、シンガポールのマリーナベイサンズとか、セントーサリゾートのような施設を作ろう!と言うことです。シンガポールのマリーナベイサンズやセントーサリゾートは、訪問された方もいると思いますが、巨大なショッピングセンターなど様々なアトラクションや、美術館や博物館、国際展示場などがありその中の一つとしてカジノも設置されている施設です。もっと砕けて身近な例で言えば、イオンモールがさらに巨大化して、高級ブランドや美術館や国際展示場、そしてカジノまでできちゃったみたいなイメージです。

どうしてカジノを作るの?カジノ法案ができた理由

このカジノ法案は2016年12月15日に衆議院で可決しました。その最初に目的がこのように書かれています。

(目的)

第一条 この法律は、特定複合観光施設区域の整備の推進が、観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資するものであることに鑑み、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する基本理念及び基本方針その他の基本となる事項を定めるとともに、特定複合観光施設区域整備推進本部を設置することにより、これを総合的かつ集中的に行うことを目的とする。

ここに「観光及び地域経済の振興」とありますね。要するに外国人観光客を世界からもっと読み込んで、外国人が落としてくれるお金で地域の経済を活性化させよう、というのが目的です。カジノ法案とは行っても、カジノをたくさん作りたくてカジノ法案を成立させたわけではなく、あくまでも外国人観光客数を増やすことが目的です。

カジノを作ると儲かる?カジノ法案の狙う経済効果

じゃあ実際にカジノ法案を成立させて統合リゾート施設を作ると儲かるんでしょうか? これについてはデータがあります。

カジノ法案でどれくらい儲かる?ーシンガポールの場合

政府が発表しているカジノ法案に関するページを見ると、シンガポールでどれだけお金を使ったのかや、その後どれだけの経済効果があったのかが公表されています。シンガポールは海外からのインバウンドを増やすためにこのマリーナベイサンズ(MBS)とリゾートワールドセントーサ(RWS)を1兆円かけて建設しました。その結果、この施設が2010年に開業してからわずか4年でシンガポールへの観光客は6割増えた結果、外国人観光客からの収入はなんと9割増えました。ざっくり言えばこれまでの場合の金額を観光客を落としてくれるようになったわけです。これらの施設からの収益は2010年の開業以降、およそ2000億円以上で出し続けています。

東京都がカジノ法案に関するIR 施設の報告を作成して貴重な情報をシェアしてくれているので、ここから具体的な数値をグラフで見てみましょう。

まずシンガポールへの観光客数のグラフです。マリナベイサンズやワールドリゾートセントーサができた2010年以降観光客数が1.5倍程度に伸びています。

これがマリーナベイサンズ施設全体の売り上げ等の内訳になっています。1番多いピークで4000億円で、ほぼ3000億円以上で推移しています。カジノの収益力が非常に強いです。

こちらはリゾートワールドセントーサの収益です。開業以来収益が減少していることがわかります。

こうしたデータから、マリーナベイサンズのほうは好調を維持していますが、リゾートワールドセントーサは収益が落ち込んでいることがわかります。つまり、カジノ施設を作っても、そのカジノ施設が強い収益力を生むこともあるし、強くないこともあるということです。もっとも、1兆円の投資をしたとは言え、収益だけ見れば5年で元が取れたことになります。観光客が増えて税収も上がり国全体も潤ったので、大成功の投資だったと言えるでしょう。このシンガポールの成功例を見て日本政府がカジノ法案を作って同じことをして成功しようと決めたようです。

カジノ法案でどれくらい儲かる?ー日本版カジノ法案の場合

日本版カジノ法案を実現した場合にどのぐらい儲かるかについて、政府の報告書が経団連、みずほ総研、大和総研が試算をシェアしているので、こちらを紹介します。

  • 経団連:直接効果9300億円、波及効果5800億円(年間)
  • みずほ総研:直接効果8000億円、波及効果9兆円(年間)
  • 大和総研:直接効果5兆円、波及効果1.98兆円(年間)

どの試算もかなり波及効果が大きいので、カジノ法案が実現すれば、景気が良くなる期待をできますよね。ただこの試算は同一の条件ではないのでそれぞれ具体的に検討する必要があります。

経団連の試算では、カジノ法案実現にあたり敷地面積が450,000平方メートルで、アジアのハブ空港として活用可能な国際空港から30分圏内と言う条件が付いています。明らかに羽田空港からお台場を狙っているような条件ですが、逆に関西国際空港からの大阪の立地を検討している可能性もあります。経団連の試算では、基本的に複数カ所ではなく1カ所で検討しているようです。

みずほ総合研究所の試算では、カジノ法案実現にあたりマリーナベイサンズと、リゾートワールドセントーサと同規模の敷地面積を条件にしています。またこの試算のベースとなっているのは関東地域になっています。マリナベイサンズはともかく、リゾートワールドセントーサは島全体をリゾート化しているので非常に敷地面積が大きく、関東地方でしかも交通の便が良い場所でこれだけの敷地を本当に確保できるのかどうか非常に疑問が残ります。

大和総研の試算では、カジノ法案実現にあたり最も試算額が大きいものの、3箇所に設置された場合を条件にします。試算では、北海道、横浜、大阪をベースにしています。それぞれマリーナベイサンズやリゾートワールドセントーサと同規模で同じ位の収益がある施設と言う条件が付いている点がやや難しいかなと思えます。リゾートワールドセントーサ程度の収益を北海道で実現することを仮定していますが、リゾートワールドセントーサと北海道の交通の便を比べると、とても及ばないように思います。一方で、建設費用はシンガポールより25%割高に設定されているほか、収益全体もシンガポールよりも抑えた控えめな金額にしてあるのでかなり現実的に信頼できる数字といえます。

したがって大和証券の資産が最も穏当な数字と言う印象です。

カジノ 候補地はココ!カジノ 候補地はどこなの?

カジノ法案の成立後、国から地方自治体に対してカジノ 候補地としてリゾート施設の誘致を希望するかどうかについてのアンケートを行っています。その結果、40余りの自治体からカジノの運営に関する懸念や、犯罪の増加等の懸念からカジノ 候補地辞退の回答が出ており、10つの地方及び自治体からカジノ法案 場所の誘致を希望すると言う回答が出ています。その自治体は次の自治体です。

  1. 大阪(夢島)
  2. 東京(お台場)
  3. 長崎(ハウステンボス)
  4. 千葉(幕張)
  5. 北海道(苫小牧)
  6. 愛知(名古屋)
  7. 愛知(常滑)
  8. 神奈川(横浜)
  9. 和歌山(マリーナシティー)
  10. 北海道(留寿都)

地方自治体に対しては、カジノ法案を元にカジノ 候補地として希望するかどうかの質問から回答の確認まですでに3余年経っていることから、現在名乗りをあげているカジノ 候補地のうちのいくつかに決まる事は間違いありません。もっとも、2020年の現職国会議員の逮捕により状況に変化が訪れています。これについては後ほど解説します。

さらに2019年11月、そして2020年に千葉市と北海道がカジノ 候補地として誘致を正式に断念しました。千葉市では幕張の活性化に合わせて、地元の企業が推進していましたが、1月7日に熊谷市長が記者会見でカジノ 候補地としての誘致を正式に見送ると発表しました。その中で、経済効果があると言うからやると言うわけではなく、現在千葉が大きな被害を受けた台風や豪雨の復興を優先にすると言う決断でした。これは2018年、2019年に大雨や、台風で現在も多くの人そして家屋が被害を受けたまま復旧できない状況にあることを考えると、英断と言える決断といえます。

北海道の苫小牧は、豊かな自然を生かしたカジノ 候補地と言う名目で誘致を引っ張ってきた、北の有力カジノ 候補地でしたが、環境面で大きな問題があったことや、住民の反対が強く苫小牧の議会でも意見が割れたため、カジノ法案 場所を見送ると言う方針になりました。

北海道の留寿都はこれとは別の理由で誘致を取りやめています。それは2020年の国会議員汚職事件の中で開発を予定していた観光会社の会長が贈収賄に関与していたと言うことが明らかになったと言われています。そこで現在次の7つの自治体が残っています。

  1. 大阪(夢島)
  2. 東京(お台場)
  3. 長崎(ハウステンボス)
  4. 愛知(名古屋)
  5. 愛知(常滑)
  6. 神奈川(横浜)
  7. 和歌山(マリーナシティー)

これとは別に、実は安倍政権では沖縄をカジノ 候補地として検討していたと言われています。これは沖縄の基地問題特に普天間基地の辺野古移設と引き換えの条件となっており、ほとんど政府内ではカジノ 候補地として規定路線だったようです。ところが沖縄県知事に反対派の玉城デニー氏が当選し、カジノ 候補地の反対を続けていましたが、さらに2020年の会員汚職事件で、沖縄に誘致する元政府閣僚を含む国会議員らに賄賂を手渡したと言う事件が決定打とあり、カジノ 候補地としての沖縄への誘致は政府内でも放棄された形になったようです。

それでは、それぞれのカジノ 候補地はどんなカジノ 候補地なんでしょうか?カジノ 候補地を個別にみていきます。

カジノ法案 場所はどこ?カジノ法案 場所はどうやって決まる?

1)大阪(夢洲)可能性大

大阪は2008年のオリンピック誘致を目指し、もともとあった大阪湾の人工島にオリンピックスタジアムや、住宅地などを建設することを目指していました。このカジノ 候補地である夢洲と呼ばれる人工島は、現在2つのターミナルがあるだけで、交通手段も限られており、完全に放置された敷地が広がっています。そのため大阪の負の遺産と呼ばれ続け、その活用方法をめぐってさまざまな案があがっていましたが、ここでカジノ誘致できれば、カジノ 候補地としては用地買収の費用もかからず、敷地面積も十分広く、海に面しているので非常に良い眺めを楽しむことができるカジノ法案 場所となるため、まさにシンガポールのマリーナベイサンズを思わせる立地で、カジノ 候補地の中でも最も有力な候補地と言われています。さらに2025年には大阪万博も決定しており、この2つの大きなイベントで、カジノ 候補地の大阪が盛り上がることは間違いなさそうです。

また2020年の国会議員汚職事件を受け、大阪府と大阪市のIR推進局は、事業者への対応方針を厳しく変更して、事業者の選定期間中はカジノ運営者及びカジノ事業者との面会を禁止する方針を打ち出したことも、透明な運営の確保と言う意味で、さらに信頼度が上がっています。

運営者としてはアメリカのラスベガス・サンズ社が撤退を表明しましたが、MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスが、大阪に力を入れており、現在の強烈にプッシュを続けています。

こうした理由から、大阪夢洲は現在のところカジノ誘致の候補地として最も有力な場所です。

2)東京(お台場)可能性大

最もカジノ法案 場所として注目を集めているもう一つのカジノ 候補地がお台場です。もともと東京都のお台場をカジノ 候補地としてカジノ誘致すると言う話は数十年前からあったようで、東京都の石原元知事が推進していたと言われています。お台場は世界的な国際空港である成田や羽田から近く、また埋立地のためにカジノ 候補地として使用できる広大な敷地が残されています。さらに日本の首都と言うこともあり知名度抜群で、外国人観光客の誘致も非常にスムーズに進むと言われています。カジノ 候補地としては最も強い場所と言えます。ところがその後、舛添下知事、猪瀬下知事、そして現在の小池知事というように頻繁に指示が変わってしまったこと、そして現在は東京オリンピックの準備に忙しくてカジノ 候補地どころではないというのが実情のようで、カジノ法案 場所の話は全く聞こえてきません。可能性のある材料としては、小池都知事のもとで臨海副都心開発計画「東京ベイエリアビジョン」が始まり、カジノ法案 場所としてのカジノ 候補地が復活しつつあると言うこと、そして海外のカジノ運営会社のカジノ 候補地として東京希望する企業が多いことが挙げられます。小池知事時代はカジノ誘致に前向きだと言うことをです。そのため、東京オリンピックが終わった2021年にはカジノ 候補地として新しい情報が出るのではないかと思います。

3)長崎(ハウステンボス):可能性極小

ハウステンボスはヨーロッパをテーマにしたテーマパークで、東京ディズニーリゾートの1.5倍の敷地面積を有する、カジノ法案 場所にはうってつけの場所です。ハウステンボスは一度経営破綻に陥りましたが、H.I.S.を立ち上げて成功に導いた澤田秀雄会長が2010年に社長に就任し、あっという間に経営を立て直すと、現在も健在な経営が続いています。政府では、カジノ法案 場所として本当に1つ、関西に1つ、それ以外の地方に1つが妥当ではないかと言う案があり、長崎はこの地方の最も有力なカジノ法案 場所の1つです。また澤田社長も海の中のカジノを打ち出すなど、最も期待を集めていたカジノ 候補地でした。ところが、澤田社長自身がハウステンボスの社長から退き、H.I.S経営に専念することが決まりました。同時にハウステンボスはカジノ誘致が決まったとしても、その敷地をカジノ 候補地として事業者にに売却すると表明していることから、たとえ長崎に決まったとしてもカジノ 候補地としてハウステンボスが経営する事は無くなりました。もともとオール九州としてカジノ 候補地に力を注いできた九州の各地事は、ハウステンボスの代わりに北九州空港へを提案していますが、地元の北九州市は難色を示しており、九州への誘致は安笑に乗り上げてます

4, 愛知(名古屋) および愛知(常滑)可能性中

愛知県からは2つの場所が立候補しています。なぜこの愛知県だけ二箇所も立候補してるのか?不思議ですよね。この背景には愛知県知事と名古屋市長の対立があります。もともと愛知県知事の大村市は愛知の常滑を推進しています。しかし河村隆名古屋市長はあくまでも名古屋を視聴しておりそのため両者がともに譲らず立候補していると言う状況です。利用者の便や国の利益と言うことではなく単純に政治の争いと言うなんとも醜いというか、残念な状況です。

このうち愛知県知事がカジノ法案 場所として押している常滑は、中部国際空港セントレアがある場所です。アジア等の交通の便が非常に多く、特にカジノに熱心な中国人富裕層を取り込むことができるという場所で、カジノ法案 場所の設定としては最高だといえます。また新幹線が発着する名古屋駅もバスで30分ほどと便利な立地です。常滑は温暖な気候で美しい環境が残されていることで有名です。伊勢湾の海の美しさや、自然環境を楽しみながら活用できると言うのはまさにシンガポールで成功した例でもあり、カジノ法案 場所として有力な立候補地の1つです。

5)神奈川(横浜)、和歌山(マリーナシティー)可能性低

神奈川県の横浜、そして和歌山県のマリーナシティーはやや1歩遅れたカジノ 候補地です。まだ横浜ですが、もともとカジノ法案 場所としてあげられていたにも関わらず、カジノ誘致に反対していた市長が当選したためカジノ法案 場所としてはほとんど可能性がなくなりました。しかし当選した市長が2019年8月に突然カジノ法案 場所として立候補してカジノを誘致すると宣言したため、突如カジノ法案 場所のカジノ 候補地となった横浜は大混乱となりました。それうけて横浜の有力者で“ハマのドン”と呼ばれる横浜港運協会会長の藤木幸夫氏はこのカジノ 候補地に正面から反対し、横浜港ハーバーリゾート協会というものを新しく設立して、カジノ法案 場所である山下埠頭の再開発計画を新しく提案しています。これに対して現在の官房長官である菅義偉官房長官は、影の横浜市長と呼ばれおり、横浜にカジノ推進を目指していることから、カジノ法案 場所について政治的な混乱が続いています。そのため目立った推進の情報は入ってきておらず、カジノ法案 場所しての可能性は低下しています。

和歌山県はこうした政治状況とは無縁で、県全体が一本化してカジノ法案 場所としてはマリーナシティを推進しているというメリットがあります。また海外のカジノ運営事業者からもカジノ法案 場所としての立地の良さなどから良い反応を得ています。しかしながら、最も有力な大阪にカジノができた場合に、関西地域に2つカジノが設立されてしまうことから、関東に1つ、関西に1つそれが地方に1つと言う全国に分散させる政府のカジノ法案 場所の方針から考えると、可能性は少ないといえます。

カジノ 法案 いつカジノは日本にできる?

現在国が構想している基本方針によれば、候補地が決まるのは2022年と言われています。まず誘致を希望する地方自治体が2021年1月4日から、7月30日に申請を行い、その中から国が最大3カ所を選んで、2021年の後半から2022年に正式に認定するスケジュールになっています。実際の工事はそれから始まるため、カジノ 法案 いつ実現するのかについては早くても2024年もしくは2025年が現実的な見通しといえます。

カジノ 法案 いつカジノは日本にできる?最新情報

しかしながら、2020年1月に現職の国会議員厚下司衆議院議員がカジノをめぐる口利きで多額の現金を受け取ったとして逮捕され、さらに中国の企業である500.comが岩屋元防衛大臣など政府の主要閣僚のを含む5人に現金を渡していたと供述していることから、政府内ではカジノ 法案 いつ実現するのかということを延期することを検討しているというニュースが流れています。政府の主要な議員が直接逮捕されたと言うのは非常に大きなニュースになっており、政府もこのままカジノ 法案 いつ実現するのかということを強く進めることは非常に厳しいと判断しているということです。またこのニュースを受けてカジノ法案実現は結局外資系の企業がお金を儲けるだけだとか、カジノをめぐる利権で問題が発生するなど、国民の印象も悪化しているという報道も流れています。その中で従来のようにカジノ 法案 いつ実現するのかと、強く推進していく事は慎重にならざるを得ないというのが現在の政権の姿勢のようです。

カジノ 法案 いつカジノは日本にできる?今後の見通しについて

現在はカジノ廃止法案を野党が国会に提出しておりしばらくはこの法案に関する審議になることでしょう。もっとも与党自民党が圧倒的多数を占める国会でこの法案が成立する事は非常に困難であり、カジノ 法案 いつ実現するのかを決める基本方針は変わらないといえます。

現在首相の安倍総理大臣は今年の秋には退任を表明していることから、このタイミングで仮に政権交代等が起こった場合にはカジノ 法案 いつ実現するのかが、大幅に遅れる可能性があります。もっとも現在の状況では与党自民党は盤石なので、仮に次の総理大臣に変わったとしてもカジノ 法案 いつ実現するのかという基本方針に大きな変更はないといえます。今回の現職国会議員の逮捕のような大きな事件が起こらない限り、カジノ 法案 いつ実現するのかと言われる2025年に開業と言うスケジュールは難しくなるかもしれないものの、それほど遅れずにカジノ法案が実現してカジノが実現するでしょう。

まとめ:カジノ 候補地はほぼ決まり。カジノ法案 場所をおおよそ決めた政府が、2025年に向けて動く

カジノ法案は、現在カジノ 候補地の選定にあたっています。そしてカジノ法案 場所もほぼ場所が決まったと言えるのではないでしょうか。そうすると後はカジノ 法案 いつ実現するのかだけですので、現在の政治状況考えると、やや遅れが生じるものの基本方針に従って2025年に向けて従来通り進むと考えられます。

manekinekocasino.com 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!