今日はシックボーと言うゲームについて解説していきます。

シックボーは、カジノゲームの1つなのですが、ブラックジャックや、ルーレットや、バカラなどのカードゲームや、テーブルゲームは名前を聞いたことがあると思いますが、シックボーと言う名前を聞いた事はあまりないんじゃないでしょうか。

私自身も、香港やマカオに出張中に、夜カジノ行ってみたのですが、サイコロを使って遊んでいるゲームを見て、一体何なのか、どうやって遊ぶのか全くわからなかった経験があります。

カジノは、ヨーロッパの文化と言うイメージを持っていたので、テーブルのレイアウトを見てみたときに書いてあるのがサイコロの目と、漢字がだったので、全くやり方もわからず、その場所だけやけに中国のような感じがして、とても奇妙な感じがしたのを覚えています。今はシックボーについてよく勉強して、テーブルゲームオンラインでも楽しんでいます。理解すれば非常に日本人には合うゲームだと思いますので、今回こちらの記事で基本的な遊び方などを勉強して、ネットカジノ儲けを叩き出せるこのシックボー をぜひ実際に遊んでみてください。

シックボー (sic bo)とは

シックボー (sic bo)は、大小とか、タイサイとも呼ばれています。中国語では、骰寶と書きます。オンラインカジノでも、ランドカジノでも、テーブルのレイアウトにたくさんサイコロの目が書いてあって、テーブルのレイアウトによっては漢字が描かれているのが特徴です。特にアジア系や、マカオのカジノや、オンラインカジノでも中国やマカオを意識したシックボーだと、テーブルのレイアウトが漢字になっているところがあります。ルーレットやブラックジャックは英語で書かれているので、かなり毛色が違う雰囲気になっています。

シックボー (sic bo)は、簡単に言えばサイコロを振ってその出た目を予想するゲームです。あれって、どこかで見たような記憶があるな、と思いませんでしたか。そうです、時代劇によく出てくる丁半博打と基本的には全く同じです。時代劇は、たくさんの人がどこかに集まって、ディーラーのような女性がコップにサイコロを入れて、それを振って、地面につけて、それを開いて、チョウカハンカ、と結果をいいますよね。sic boはまさにあの感じです。ただしシックボー (sic bo)は、レイアウトのテーブルがあり、単に丁か半にかけるのではなく、もっと複雑で、ルーレットの近いような賭け方で遊ぶことができるようになっています。

シックボー (sic bo)は古代の中国が発祥と言われています。サイコロカジノは3つ使います。そしてサイコロの出た目の合計が4から10のことを小といいます。11から17のことを大といいます。3と、18は、ぞろ目として別のかけ方で賭けます。

シックボー (sic bo)は誰でもすぐにルールを覚えられる反面、最大で150倍から180倍と、非常に大きな配当が用意されているため、とても楽しくプレイできるカジノゲームの1つです。

ちなみに、同じサイコロを使ったカジノゲームのクラップスというのがあります。こちらは、サイコロを2つ使って、参加者が順番にシューターになり、サイコロを投げてその出た目を予想するゲームです。こちらはサイコロ投げて出た目を予想すると言う点でシックボーによく似ていますが、クラップスはもともと12世紀の中東で生まれたカジノゲーム がヨーロッパを経てアメリカで大人気になったゲームで、中国で生まれたシックボー とは発祥の地が異なり、遊び方も異なります。東西の世界でそれぞれ生まれたsic boとクラップスが似たような遊び方になるというのが不思議ですね。

シックボー(sic bo) の遊び方

それでは具体的にシックボーの遊び方の基本を解説していきます。上記の通り、sic boではカジノサイコロは3つ使います。サイコロの出た目の合計4から10は小、11から17を大と区分して、3と、18は、ぞろ目として賭けます。

サイコロカジノは透明の容器の中に入っています。参加者が自分で投げる事はできず、カジノサイコロはその透明な容器の中で機械でシャッフルされます。この透明な容器には外から見えないようにする蓋があります。機械がシャッフルしてる間その蓋が取り付けられて、sic bo参加者はその中を見ることができません。機械がカジノサイコロをシャッフルして、シャッフルが終わった時に、蓋をつけたままの状態でそのままにしておきます。参加者はテーブルのレイアウト上にチップをおいてかけます。全員がかけ終わったら、蓋を外して結果を決めます。ランドカジノだと、テーブルの該当した箇所がLEDでピカピカと光ります。オンラインカジノのカジノライブでも、同じようなテーブルが用意されているところがあります。

当たりが確定すると、ディーラーがその当たった人にチップを配り、それ以外のチップを回収します。この時にチップやテーブルのレイアウトに触れてはいけないルールになっているので、ランドカジノで遊ぶ人は気をつけましょう。テーブルのレイアウトやチップに手を触れようとすると、ディーラーに怒られます。

sic boの実際のかけ方は大きく分けて5つあります。まず1つは、大か、小に賭けるものがあります。この場合に勝った場合は2倍の配当になります。次に、カジノサイコロの合計数を当てるものがあります。これは4から17まであります。3つ目は、sic boの3つのサイコロカジノの数字のうち、そのうち1つのサイコロカジノの数字を当てるものです。これはシングルとか、ストレートと呼びます。4つ目は、3つのサイコロのうちの2つのサイコロの出る数字を予想するものです。勝った場合ダブルやコンビネーションと言う別々の配当を受け取ることができます。最後は、ぞろ目をかけるものです。例えば1が3つとか、3が3つとかになります。それではこの5つの賭け方を具体的に見ていきましょう。

これさえ押さえれば、初心者脱出。シックボーの賭け方

1, 大小に賭ける

カジノサイコロの出た目の合計が4から10に賭けることを小といい、11から17に賭けることを大といいます。3と、18は、ぞろ目として別のかけ方で賭けるので、除外されます。
シックボー のレイアウトテーブルは英語のものと漢字のものがありますが、今回はわかりやすいように英語版を使います。

シックボー のレイアウトテーブルの左上と右上にあるスモール、ビックと書いてあるところがこの大、小に当たります。カジノサイコロのシャッフルが終わり、蓋が開くまでの間に、この大または小のエリアにチップを置きます。例えば小に欠けていて、サイコロの目の合計数4から10の場合は、勝ちになります。配当は2倍になります。

2、シングルナンバーに賭ける

カジノサイコロの1つの数字を予想する賭け方です。3つのサイコロのうちどれか1つがその数字になれば勝ちになります。レイアウトの下にある数字に直接チップをおいて賭けます。例えば、数字の5にかけたとします。そうすると3つのカジノサイコロのうちどれか1つでも5が出れば勝ちになります。この場合、シックボー の配当は2倍です。この時、3つのサイコロのうち、2つが5の数字になったときには配当は3倍になります。さらに3つとも5になった場合は配当が4倍になります。

3、組み合わせに賭ける

このシックボーの賭け方は、3つのカジノサイコロのうち2つのカジノサイコロの出る目を予想するものです。例えば、カジノサイコロのうちの1つが1、サイコロカジノのもう一つが2と言うように予想して賭けます。3つのサイコロカジノのうち2つがこの数字であれば勝ちになります。勝った場合には5倍の配当を受け取ることができます。サイコロカジノのうち2つのいずれでもいいのですが、シングルの場合と異なり、3つの数字のうち3つともsic bo の賭けた数字に該当したとしても、配当が高くなると言う事は無いので気をつけましょう。

4、sic boのサイコロカジノの合計数に賭ける

このかけ方は3つのサイコロの出た目の合計数のうち、4から17の14通りの中のいずれか1つになる事に賭けます。注意していただきたいのは、対象となる数字は4から17-14通りで、それ以外の3とか18は対象にならないので気をつけましょう。sic boのレイアウトテーブルには4から17と書かれているエリアがあるので、そのかけたい数字にチップを置きましょう。この時例えば、10に賭けたとします。合計が10になるのであれば組み合わせは何でも構いません。例えば5、4、1とか2、3、5など、合計数が10になるものはすべて該当します。当たった場合の配当は、賭けた数字によって異なります。レイアウトテーブルには勝った場合の配当について書いてありますので、チップを賭ける際に注意してみましょう。配当をまとめると以下のようになります。

この表を見るとそのサイコロの数字が出る出現率により、配当の高さが変わっているのがわかります。4と言うのは組み合わせを考えると1、1、2以外にはありません。17も同じように組み合わせが限られて、6、6、5しかありません。つまり組み合わせは1種類しかなく出現率が1.4%しかないので、配当が50倍と言う非常に高い配当率になっています。これに対して10 や11というのは組み合わせが色々と考えられます。そのため配当はぐっと低くなっているのがわかります。

この出現率や、配当をよく見ながら、色々な数字にかけながら、シックボー の賭け方試してみてください。

5、2つのサイコロカジノのぞろ目に賭ける(ダブル)

次はサイコロカジノの2つの数字にかけるやり方です。すでに、2つのサイコロの数字の組み合わせで賭けるやり方については解説しましたが、そのやり方の中にはぞろ目が含まれていません。ぞろ目というのがわからないと言う方のために解説しますが、ぞろ目と言うのは2つのカジノサイコロまたは3つのサイコロカジノが同じ数が出ると言うことです。例えば2つのサイコロカジノの数字が2つとも1だった場合や、2だった場合のことをいいます。シックボー ではこのかけ方のことをダブルと呼びます。sic boレイアウトテーブルの中に、サイコロカジノのぞろ目が書かれている部分があるので、そのかけたいカジノサイコロの絵の上にチップを置いて賭けます。どの数字も出る確率も同じなので、配当はどの数字でも変わりません。カジノサイコロの賭けた数字のぞろ目が出た場合は、8倍の配当をもらうことができます。ぞろ目は、すぐに勝ったか負けたかがわかりやすい賭け方なので、まだシックボー のやり方や、遊び方に慣れてない初心者の方は、こちらを活用するのが良いかもしれません。ダブルで勝った場合の配当は11倍です。

6、3つのサイコロのぞろ目に賭ける(トリブル)

3つのサイコロカジノのぞろ目にかけるやり方をトリプルと呼びます。3つのサイコロカジノの数字が全てがぞろ目になる必要があります。例えばサイコロカジノの数がすべて1、またはすべて2と言う具合です。このトリプルが、シックボーで最も実現率が低い組み合わせのかけ方になります。そのため配当は最も高い倍率である180倍が設定されています。競馬で言えば、万馬券にかけるような感覚でしょうか。めったにトリプルが出る事はもちろんありませんが、出たときには一発逆転が狙えるかけ方でもあります。チップを余分にある場合に、少しこのトリプルにかけておくと言うのは、オススメのかけ方です。

7、3つのサイコロのぞろ目に賭ける(エニートリプル)

3つのカジノサイコロの数字がぞろ目になる事をかけるやり方にはもう一つの方法があります。これをエニートリプルと呼びます。このエニートリプルのかけ方は、カジノサイコロの出る目がどんなぞろ目が揃っても勝ちになります。例えばエニートリプルにかけた場合に、1のぞろ目が出た場合でも、6のぞろ目が出た場合でも勝ちとして配当が受け取れます。エニートリプルで買った場合は配当として30倍を受け取ることができます。シックボーのエニートリプルは、サイコロ数の数字がすべて同じ数字のぞろ目が出れば勝つので、初心者にも非常にわかりやすく、かけ方がよくわからないと言うときにはかけてみるのもオススメです。

いかがだったでしょうか。シックボー のレイアウトテーブルや、それぞれのかけ方、レイアウトの場所、勝った場合の配当率について理解できたかと思います。いちどに全てを理解するのはかなり厳しいので、ゲームをプレイしながら、確認しつつ学習することをお勧めします。ライブカジノでもシックボーが遊べるオンラインカジノがたくさんありますが、ライブカジノではゲームの流れがあり、自分のペースでゲームをプレイできないと言う短所があります。sic boを始めたばかりの頃は、レイアウトテーブルのどこがどの賭け方なのか、自分が賭けたい場所はどこなのかが、すぐにはわからないと思いますので、まずはオンラインカジノのコンピューター相手の通常のテーブルゲームでプレイすることをお勧めします。オンラインカジノの、コンピューター相手のゲームでは、他のプレイヤーが参加していませんので、自分1人だけで、自分のペースで、ゲームを進めることができます。シックボー のレイアウトテーブルの賭けたい場所を自分で探して、配当率を見て、結果を見て、それを分析すると言う作業をコツコツとすることが、勝つための実力を上げる秘訣ですので、ぜひ試してみてください。

シックボー で勝率を200%を上げる必勝法。初心者もハイローラーも必見。

では実際にオンラインカジノなどでシックボーをプレイされたかたなら、賭けても全く勝てないとか、ダブルもトリプルも全く出ないとか、自分がかけてないぞろ目が出て残念な思いをした、と言う経験があるかと思います。そして、損失が200ドル、300ドル、400ドル、と損失が膨らんでいくにつれて、こんな勝てないゲームは嫌だと言う気持ちになってやめてしまうのではないでしょうか。せいぜい数千円位の損失であれば気にもなりませんが、数万円となると、他に使い道がたくさんあったなと後悔するのではないでしょうか。sic boを含めてカジノゲームと言うものには定石の必勝法と言うものが確立されています。これまで膨大な数のプレイヤーがプレイして、決して大負けせず、確実に勝ちを狙えるやり方や、リスクは大きいけれども1番大きいかけ方などたくさんの方法が既に確立されています。カジノで遊ぶプレイヤーの多くは、こうした基本的な戦略と言うものを身に付けてから勝負をしています。カジノの雰囲気だけを楽しみたい、と言うのもありですが、もし、しっかりと勝負して、ある程度勝って帰りたい、勝って辞めたいと言う思いは皆さんあると思いますので、実際に勝つということを目標にした場合どういう風に賭ければいいのか、というのを解説していきたいと思います。

1、シックボー で勝率を200%高める必勝法:基本

まずsic boで勝ちを狙っていく場合に、必ず押さえておくべき基本的な点が2つあります。その一つは、sic boを含めたカジノゲームには控除率があると言うことです。控除率と言うのは上で既に解説しましたが、カジノ運営側の取り分のことです。この控除率は、すべての賭け金の中から数%ずつ引かれていきます。sic boでは、大、上にかけた場合の確率は50%ですが、この控除率が引かれるために、実際の確率は50%よりも低くなります。

もう一つ押さえておくべき点は、大数の法則です。大数の法則というのは、確率論統計学における基本通りの1つであって、「独立同分布に従う可積分な確率変数列の標本平均は平均に収束する」というものです。どういうことかと言うと、例えばサイコロ振った場合、最初はぞろ目ばかり出ることもありますし、なぜか6ばかりであることもあります。しかしサイコロを無限大に降り続けていくと、必ず決められた確率に近い数字になるはずです。これを大数の法則と言います。

ここで上で解説した、控除率のことを組み合わせて考えてみてください。sic boで大、または小、にかけたとしても、控除率のせいで勝つ確率は50%以下です。つまりsic boでゲームを長くプレイするほど、プレイヤーが負ける確率は高くなっていくことになります。カジノゲームの必勝法は、その多くが確率50%を前提にしています。しかし50%といっても長くプレイすればするほど、負けやすくなるということをしっかり抑えて、できるだけ短期間に勝負を決めるように心がけてください。

逆に、この大数の法則を利用すると言う手もあります。つまり最も高い180倍のシックボー の賭け方は出現率が低いものの、必ずある確率で出ることになります。シックボー の出た目をしっかりと記録して覚えておけば、ここぞと言う時に180を狙える確率もあるので、まずは基本的な控除率と、大数の法則を押さえておいてください。

2、シックボー で勝率を200%高める必勝法:1235法

1235法と言うのは、別名グッドマン方とも呼ばれています。どういう賭け方をするのかと言うと、1、2、3、5と言う順番で賭けるものです。このかけ方は、非常に守りと攻めのバランスが取れた優れた必勝法の1つなので、必ず押さえておいておきましょう。

具体的にどういう風に賭けるのかを解説します。1235法では、チップを1、2、3、5と言うふうにかけていきます。つまり、最初にチップを1ドルかけます。もし勝てば次は2ドルをかけます。もし勝てば次は3ドルをかけます。もし勝てば次は5ドルをかけます。このように、sic boの勝負に勝っている間は、1、2、3、5、と言うふうにチップの数を増やしていきます。最後の5の時に勝負に勝った場合は、5ドルをかけ続けていくことになります。この時1ドル、2ドルと言うのは単なる例なので、これは10ドルでも、100ドルでも構いません。そして勝負に負けた場合は、最初の1に戻ってかけなおします。具体的には1235法で5まで進んだとします。その時に勝負に負けたらもう一度1からスタートしてやり直すと言うことです。

この1235法では、もし連勝することができれば、非常に大きな勝ちが期待できる一方で、負けた場合でも1に戻るので、それまでの勝った分を温存しつつ、負けを最小限にできると言う非常に優れた方法です。この1235法の欠点は、連勝が必要だということです。つまり1ドルをかけて勝ったとしても、次の2ドルで負けてしまったり、最初の1ドルで勝てなかった場合には、そのまま負けが積み重なってことになります。もちろん1の状態で負け続けるだけなので、それほど負けが膨らむ事はありません。

この1235法は、基本的には確率が50%のかけ方で機能します。sic boで言えば大、小にかけるやり方で使えることができるのでぜひ使ってみてください。

3, シックボー で勝率を200%高める必勝法:パーレー法

お金に余裕があって、その時は積極的に攻めたい場合、もしくは大きな勝ちをリスクを犯して狙いたいと言う場合がありますよね。その時に非常に攻めに強い方法がこのパーレー法と呼ばれるやり方です。このやり方は、勝つたびに前の勝負で賭けた金額の倍をかけていくやり方です。いちどでも負けてしまえば、それまで勝った分は全て消えてしまう反面、勝ち続けることができれば、少ない資本でも非常に大きな勝利を獲得することが可能になる必勝法の1つです。具体的にどのように描けるのかというのを解説します。例えば宿坊で、最初に10ドル賭けたとします。そこで勝った場合は、20ドルを次にかけます。それで勝った場合は40ドル、さらに勝った場合は80ドル、さらに勝った場合は160ドル、と賭け金を次々に倍にしていくやり方です。このやり方で勝つ場合、元手が10ドルあっても、100ドル以上200ドル以上と勝ちを膨らませていくことが可能になります。どこかで勝ちを確定するかの必要があるので、自分で勝ちを確定するラインを決めておく必要があります。ぜひこのやり方も覚えて、オンラインカジノなどの、シックボーで試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。シックボーと言う中国古来のサイコロカジノを使ったゲームが、非常に単純である反面、テーブルのレイアウトもしっかりと決められていて、シンプルでかつ非常に熱中できるゲームであることが理解できたかと思います。東南アジアや、南アジアなどのカジノでは、このシックボー が非常に人気があり、参加者と全員で熱中できる他のカジノゲームにはない楽しみ方ができるゲームの1つです。オンラインカジノでも、東南アジアをテーマにしたライブカジノなどでは、このsic boが非常に人気になっていますので、コンピューター相手のsic boでやり方に慣れた後は、ぜひこのライブカジノにも挑戦してみると良いでしょう。

さらにシックボーをプレイするときには、それぞれのシックボー のレイアウトや、シックボーの控除率や、それぞれの賭け方、そしてカジノの必勝法をよく頭に入れてプレイしてみることをお勧めします。

manekinekocasino.com 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!