今回は博打について解説していきます。

博打と言うと江戸時代の丁半博打思い浮かべる方が多いかと思いますが、もっと広い意味で、賭け事全般のことを指します。今回はこの博打がどうやって発展してきたか、いつから始まったのか、そして現代の博打言われるオンラインカジノはどういったものなのかについて解説していきます。

世界最古のギャンブラーの誕生

博打の歴史は占いから始まったと言われています。圧倒的な自然や、神の存在のような強い運命の力に対する畏敬の念から、当時の人々は未来を知りたいと強く願いました。その当時は木の枝や石や動物の骨を地面に投げたり、火で炙ったりして、その結果から未来を占いました。その儀式を司だったのが占い師であり、呪術師でした。

そのうちに、未来の占いよりも結果にかける方が面白いことに気がついた人たちにより、未来の予言の儀式は博打へと発展していきます。

遊びすぎて禁止になった博打

やがて原始的なダイスが生まれ、古代ギリシアで流行して、古代ローマへと伝えられました。あのイエス・キリストが処刑されたときに、その服を誰が手に入れるかを決めるために、ローマ兵が賭けで決めたと言う記録も残されています。博打はローマ帝国の人があまりでも仕事をしなくなってしまったために、特別な日を除いて禁止されるようになりました。

博打も逆輸入

古代ローマ帝国の崩壊とともに、ダイス遊びなどの博打も歴史から姿を消しますが、12世紀後半の十字軍遠征によりアラブに伝えられていた遊びは再びヨーロッパに持ち帰られ、18世紀まで大変な人気となります。その時にイギリスやフランスの大家貴族たちの間で流行った遊びがハザードです。

やっぱり遊びすぎて禁止になった博打

博打が逆輸入されたヨーロッパでは、中国からカードゲームも流入して非常に人気の高い娯楽になりました。しかし労働者階級があまりにも働くなくなってしまったため、法律で週末や休日以外に行うことを禁止されました。貴族は自由に楽しむことができましたが、どのくらい財産を注ぎ込めるかが家柄の証とみなされていました。

日本でもみんな夢中

日本では、日本書紀に記載が残されており、中国から伝えられたすごろくで賭け事が行われていました。当時は博打に夢中になって農作業をしなくなってしまうため、すごろく禁止令が出されていることが記録に残されています。

その後戦国時代に入ると戦いの合間の息抜きとして博打が流行します。とは言えすごろくように準備が大変だったことから、サイコロだけを使った丁半博打が流行するようになります。また「天正カルタ」と呼ばれる現在の花札のようなものが流行しました。

このカルタは江戸時代には歌詞的に流行したのですが、またもや働かなくなると言う理由で禁止されています。そこでカルタの形を偽装したものとして生まれたのが花札でした。

当時の政府は公営の博打として、寺社による宝くじの富くじを始めましたまた当時は闘鶏も流行していたそうです。

戦後は博打を大きく発展しました。現在でも残る競馬、競輪、宝くじ、そしてパチンコは広く人気の娯楽となりました。

現代の博打ーオンラインカジノの登場

19世紀から20世紀にかけて、ランドカジノが大人気となりました。アメリカのラスベガスは1940年代に開発され、1960年代70年代から世界の勝負師が集まる大きな博打場として世界的に有名になりました。バクチの種類も洗練されました。丁半博打に由来するシックボー や、大小、バカラやブラックジャックのようなカードゲーム、そしてスロットマシンと言うように、当時の機械を使った最先端の技術で博打が行われるようになりました。

1990年代後半から2000年にかけて、コンピューターの普及とインターネットが爆発的に拡大し、インターネット通信技術を使ったオンラインカジノが生まれました。そして、2010年ごろからモバイル通信技術の発達により、オンラインカジノはモバイルを舞台にして大きく拡大していきます。

オンラインカジノを支えるのは堅牢なコンピューターシステムと人

オンラインカジノは、様々な最先端のテクノロジーと、それを支える人たちによって公正に運営なされています。オンラインカジノはこれまでの博打と違い、コンピューターによって動作が制御されています。ダイソー振るのも、カードを配るのも、すべて基本的にはコンピューターです(ライブカジノを除く)。そのため、不正をしようと思えばいくらでもプログラミングにより可能な状況が起きています。しかしもしコンピューターで不正を行えば、オンラインカジノと言うもの自体が誰からも見向きもされないものになりかねません。そこで現在のオンラインカジノは様々なテクノロジーや仕組みにより、不正なカジノ運営ができないような仕組みになっています。

現代の博打・オンラインカジノの公正な運営を保証するシステム

オンラインカジノは3つのシステムにより公正な運営が確保されています。

1)政府機関からのライセンス

博打やカジノの運営は基本的にどの国も許可制で上されています。オンラインカジノも博打と同様にこの原則が適用されていて、オンラインカジノ運営するには必ず運営する国の政府から、もしくはカジノや博打を担当する当局からの許可上つまりライセンスが必要になります。このライセンスを発行するための条件として、運営者の人柄が評価されます。運営者が正直で、忠実な人物であるかどうかが条件となります。またカジノ運営するにあたって十分な資金的な余裕があることや、組織、誰がオーナーなのか、パートナーは誰なのかといった点が審査されます。最後に犯罪記録等の提出が要求され、博打の裏社会とのつながりがないことを証明する必要もあります。

2)公正なシステム

コンピュータープログラムは、公正な博打の結果を保障するために、乱数発生装置の公正さが要求されています。乱数発生装置はランダムナンバージェネレータとも呼ばれ、カジノの結果が常にランダムで、公正なものである必要があります。これはライセンスを取得する際に審査される項目の1つとなっています。また通信障害等によって結果が阻害されたり、バグや、第三者からの不正な操作によって結果が左右されないようなセキュリティーも要求されています。そのためオンラインカジノでは、オンラインカジノ運営者ですらカジノの結果を左右することはできない仕組みになっています。

3)第三者機関の審査

しかし運営者の努力だけでは行き届かない面が必ず出てきます。長い期間博打を運営をしていると、必ず内部で不正が発生します。そこで第三者機関が定期的に運営の公正さをチェックする仕組みが採用されています。最も有名な期間はeCograです。

現代の博打のオンラインカジノってすっごい

博打はもともと娯楽として発展したゲームです。次にどんな結果が出るのかドキドキワクワクしますよね。もっとも現在はインターネットもありますし、YouTubeもあります。映画やテレビもあります。娯楽は溢れています。その中でもオンラインカジノは最先端のエンターテイメントです。スロットマシンは単にリールが回るだけではなく、ゲームや映画のような演出と音楽を表現を楽しめるようになっています。テレビゲームやモバイルゲームのように、キャラクターが成長したり、リール自体がどんどん変わっていったり、キャラクターの動きもあったりするとても面白い夢中になれるエンターテイメントになっています。

さらにモバイル通信やネット通信は高速化しました。当然博打も姿を変えて、現在ではライブカジノが最先端の博打となっています。24時間世界中のリーダーたちが画面の向こうで相手をしてくれます。リアルタイムでディーラーの映像や音声が流れてきて、世界中からプレイヤーが集まっています。そのドキドキワクワクの興奮は、他のゲームではとても味わえないものです。

まとめ

いかがだったでしょうか。博奕は占いから始まったものですが、人類の歴史とともに娯楽として発展してきたものです。私はその当時最も適したテクノロジーや、状況によって変化を続けてきました。現代の博打であるオンラインカジノも最先端のテクノロジーを使用して、現代の人々が1番楽しめる仕組みになっていますので、興味のある方はぜひ試してみてください。

manekinekocasino.com 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!