今回はパリミュチュエル方式について解説します。

パリミュチュエル方式というのはフランスで生まれた賭け事の配当を決める方法の一つです。配当を決める方法としてはこのパリミュチュエル方式とブックメーカー方式の2つが主流です。今回解説するパリミュチュエル方式という配当の方式はカジノ運営者側の解説です。敵を知り、己を知れば、100戦危うからずと言われるように必勝カジノオンラインのためには相手側の事情を熟知することが重要です。ルーレットやバカラやポーカーなどのカジノゲーム全てに関係するこの配当の決め方についてカジノ運営者がどのように賭け金を配当しているのか、その仕組みついて今回の記事で勉強して頭に入れて、実際にオンラインカジノで遊ぶ際に思い出せるようにしておくと良いでしょう。

パリミュチュエル方式とは

パリミュチュエル方式は賭け事を行う胴元の行う運営方法の一つで、すべての賭け金を集めてプールした上であらかじめ決められた割合を運営側の取り分として差し引いた上で残りを配当として当選者や賭けに勝った人に分配する方式のことです。この時運営者側の取り分として差し引く割合のことを控除率と呼びます。控除率については後で詳しく説明します。パリミュチュエル方式では賭けに参加する人が購入した時点では配当は決まっていません。すべての購入が終わり控除率を差し引いた上で残りの分配の時点で配当が決まります。全ての人が購入して控除率を引いた残りを分配することになることからパリミュチュエル方式では運営者側の利益がマイナスになることはありません。また購入者が多ければ多いほど運営者側の利益も大きくなります。

パリミュチュエル方式の歴史

このパリミュチュエル方式は1867年に現在も運営を続けているキャバレー「ムーラン・ルージュ」の出資者兼演出家となるジョセフ・オレールが考案しました。ムーラン・ルージュの開業は1889年なので、ムーランルージュ開業前に考案したことになります。ジョセフ・オレールが考案したパリミュチュエル方式は非常に優れていたため、1891年にはフランスの公式の方法として法制化されました。ちなみに非常に多くの数字を処理する必要が生じたことがきっかけとなってトータリゼーションシステムを生むことになりました。

このパリミュチュエル方式が初めて日本で確認されたのは1888年明治21年に横浜の外国人居留地内で行われたニッポン・レース・クラブで馬券の販売に利用された時だったと言われています。現在日本で行われている公営競技はこのパリミュチュエル方式が採用されています。公営競技とは競馬、競輪、スポーツ振興くじ、競艇などです。また年末サマージャンボなどでおなじみの宝くじでも採用されています。パリミュチュエル方式は日本でも広く普及していることが理解できたかと思います。

パリミチュエル方式の名前の由来

ちなみに、パリミュチュエル方式という名前から、フランスの首都の花の都パリや、観光地で有名なモンサンミッシェルなどを連想するかもしれませんが、全く関係はありません。フランス語でPariは「賭ける」(パリ市はParis)、mutuelは「お互い」という意味です。

控除率とは?

控除率は賭けの運営者が取る手数料のことです。パリミュチュエル方式ではこの控除率が必ず存在します。英語と同じようにハウスエッジと呼ぶこともあります。日本では寺銭と呼ばれてきたものとほぼ同じです。寺銭には参加料も含まれることがありますが、ほぼ同じようなものとしてここでは理解しておいて構いません。これに対して賭けに対してどれだけの金額が払い戻されるのかという観点から同じことを表現したものを還元率と言います。控除率が高ければ当然還元率が悪くなるので控除率が低ければ低いほどプレーヤーにとって有利です。

控除率の実際の設定数値

それでは実際に公営競技やオンラインカジノではどれくらいの控除率が設定されているのでしょうか?一覧にまとめてみました。

これをみるとどれだけ公営競技の控除率が高いのかがよくわかりますよね。パチンコ・パチスロでも10%以上は店舗の利益になるわけなので、大きな利益になるのも頷けます。それに対してオンラインカジノでプレイされるバカラやブラックジャックはほぼ1%です。つまり99%はプレーヤーに還元される仕組みになっているということです。パリミュチュエル方式を十分に活用している宝くじを買ったりパチンコを打つよりも、オンラインカジノで遊ぶ方がずっとプレーヤーに有利だということがわかりますね。

パリミュチュエル方式の具体的な分配方法

具体的にパリミュチュエル方式で配当を決める手順を簡単に説明します。下の図は5人が賭けに参加してそれぞれ賭け金を出したケースです。控除率はわかりやすいように10%とします。

この場合資金のプールの合計は$500となります。パリミュチュエル方式に従い、まず運営者が控除率の10%($50)を差し引きます。資金プールの残金は$450です。それではここでは3番の人を例にしてパリミュチュエル方式での配当を計算してみましょう。$450/$110=4.09、つまり配当はおよそ4倍になります。このようにそれぞれの賭け金ごとに計算して配当を算出したものが次の図です。

この配当が実際にパリミュチュエル方式での支払で適用される配当になります。この例だとたくさん払った人が配当が少ないように思えて、おかしいようにも思えますが、仮に1から5までが競馬の馬の番号として、それに対してこれだけの賭け金が集まっている場合の図表だと考えてみてください。そうすると本命の1の配当が2.25倍になるので理解しやすいかも知れません。競馬では本命の馬の配当は低くて、穴と呼ばれる馬の配当は高いですよね。これがパリミュチュエル方式の配当の計算方法です。

実際のパリミュチュエル方式の計算はこのように簡単ではありませんので通常はシステムを使って処理します。ちなみに資金プール量の計算式を数式で表すとこのようになります。Wは賭け金、nは当選者の配当金です。興味のある方は計算してみると良いでしょう

パリミュチュエル方式とブックメーカー方式

ここまででパリミュチュエル方式について理解できたかと思います。皆さんが思ったよりもずっと世界中に普及していたことがわかったのではないでしょうか。

さてオンラインカジノに話を移しましょう。オンラインカジノ(リアルカジノを含めて)はギャンブルですがパリミュチュエル方式を採用していません。オンラインカジノではパリミュチュエル方式ではなくブックメーカー方式を採用しています。

ブックメーカー方式がどういうものかというと、スポーツ賭博が一番有名です。元々は18世紀末のイギリスで始まった賭け方と言われています。パリミュチュエル方式とは異なりブックメーカー方式では配当があらかじめ決められています。例えばオンラインカジノのルーレット言えば、赤と黒が2倍、1点賭けは36倍というようにあらかじめ配当が決められていて参加者はその配当を見ながら賭けます。パリミュチュエル方式がすべての資金プールから一定金額を差し引くのと異なり、ブックメーカー方式ではあらかじめ差し引くということができません。そのためオンラインカジノの運営者が負けるということがありうるのです。またパリミュチュエル方式では配当はxx倍と表示しますが、ブックメーカー方式では2:1のように対比で表示されるという違いがあります。ちなみにこの方式は日本では「ノミ行為」と呼ばれて法律で禁止されています。

パリミュチュエル方式ではないのにどうやって手数料を確保するのか?

こうしてみるとカジノの運営者はどのようにして手数料を確保するのか疑問に思いませんか?オンラインカジノのゲームには控除率が設定されていますが、パリミュチュエル方式でなければどのようにして徴収しているのでしょうか?

わかりやすい例としてルーレットで考えてみましょう。ルーレットは1-36までの数字を当てるゲームです。配当は1点賭けなら36倍に設定されています。ところがルーレットのホイールをみると赤でも黒でもない緑の0が用意されています。アメリカンルーレットではさらに00も用意されています。そこで還元率を考えてみましょう。ヨーロピアンルーレットの時は36の数字/37通り=0.972、つまり還元率は97.2%となります。アメリカンルーレットでは36の数字/38通り= 0.947、つまり還元率は94.7%です。この還元率を100% から引いた数が控除率としてカジノの運営側に流れています。このようにしてカジノ運営側は運営費を確保しています。もっともこの方式は潜在的に運営者が負ける可能性があります。18世紀のイギリスの競馬場でこのビジネスが誕生した当時は運営者に目利きのプロがいて配当を決めていたそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか。パリミュチュエル方式についてざっくりと理解できたかと思います。カジノでも他の賭け事でも、もし漫然と勝負していた場合は今までよりも運営者側のルールであるパリミュチュエル方式とブックメーカー方式を理解するとそれまでの見方が変わるのではないでしょうか。特にパリミュチュエル方式は世界中で採用されている最も一般的な運営者のルールなので是非ここでしっかりと理解しておきましょう。なおこの二つの方式は長い年月で洗練されているので計算方式など複雑化しています。もし興味のある方はぜひそれぞれの計算方式や配当について調べてみてください。

manekinekocasino.com 4千円分の入金不要ボーナスをゲット

お名前とメールアドレスを登録するだけでお得なカジノ情報が届くうえに、今なら4000円分の入金不要ボーナスをプレゼントさせて頂きます!