カジノホールデムのルールとプレーできるサイトを知ろう

この記事では海外オンラインカジノサイトでプレーできる、カジノホールデムのルールについてご覧できます。どのサイトでプレーできるかは、オンラインカジノ-評価のページでご確認してください。

カジノホールデムとは

カジノホールデムは、テキサスホールデムが進化したゲームと言われるポーカーゲームの一種です。カジノホールデムの原形となっているテキサスホールデムはポーカーの中でも特に人気が高く、世界中でその強さを競う大会が開かれています。2003年の世界ポーカー選手権大会では、テネシー州の税理士アマチュアプレイヤー、クリス・マネーメーカーが優勝し250万ドル(日本円で約2億7000万円)の賞金を手にしたことから、世界中のアマチュアポーカープレイヤーに夢を与えました。世界的なポーカーブームはまだまだ続いていますが、オンラインカジノで実際に熱いプレイを楽しむことができます。

世界中で大人気のテキサスホールデムは、プレイヤー同士での勝負や駆け引きをするゲームとなっていますが、今回ご紹介するカジノホールデムは、基本的にディーラーVSプレイヤー1対1の対決となります。ディーラーと自分のハンド(役)の組み合わせで、どちらのハンド(役)がより強いかで勝負します。とてもシンプルで初心者さんには分かりやすいゲームとなっています。

カードの組み合わせによってハンド(役)の強さが決まっており、

ロイヤルフラッシュ>ストレートフラッシュ>フォーカード>フルハウス>フラッシュ>ストレート

という順で強いハンドとなり、それぞれ配当が決まります。

オンラインカジノでもポーカーは人気ですが、特にカジノホールデムはシンプルで分かりやすいゲームでポーカーに初めて挑戦してみる方にはオススメです。ポーカーには様々なアレンジルールが存在しますが、今回はオンラインカジノでの主なカジノホールデムのルールをご紹介します。

カジノホールデムのルール

カジノホールデムのルールは、テキサスホールデムのルールが基本となっていますが、プレイヤー対ディーラーで最終的に5枚のハンドで勝負するポーカーのアレンジ版ゲームです。

使用する手札はジョーカーを除く52枚のカード1デッキを使用します。

1 まず席に着いたら、テーブルの「Ante(アンテ)」という箇所にチップを置きます。これはゲームの参加費のような意味合いです。

スクリーンショット 2016-07-01 3.02.42

2 プレイヤーとディラー共にまず2枚ずつ伏せてカードが配られます。
その後、お互いが共有するカード(コミュニティカード)がテーブルに3枚オープンで配られ、自分のハンド2枚と合計5枚のカードの中から状況を見て「コール(勝負)」か「フォールド(勝負を降りる)」を選択します。
この時「コール(勝負)」を選択すると、はじめのAnteベットの2倍のコールベットが行われ、「フォールド(勝負を降りる)」した場合ははじめのAnteベットは没収となります。

スクリーンショット 2016-07-01 3.05.43

3 「コール(勝負)」を選択して勝負をスタートすると、コミュニティーカードにカードが2枚追加されます(コミュニティカードは合計5枚)。自分のハンド2枚のカードと合計7枚のカードから最高の組み合わせを選択し最終的なハンドが確定します。ディーラーのハンドとどちらが強いか勝負し、勝った場合はアンティベット、コールベットそれぞれの配当を獲得できます。

スクリーンショット 2016-07-01 3.05.54

カジノホールデムのハンド(役)と配当

ポーカーでの数字の強弱はこの順番です。

A > K > Q > J >10 > 9 > 8 > 7 > 6 > 5 > 4 > 3 > 2

ハンド(役)は通常のポーカーゲームと共通です。

ロイヤルフラッシュ
配当:100倍
同じスーツ(ハート、ダイヤ、スペード、クローバーのいずれか)で、数字が 10・J・Q・K・A 合わせの役。一番強いです。

rsf

ストレートフラッシュ
配当:20倍
同じスーツで 10・J・Q・K・A 以外の数字で並んだ組み合わせ。

sf

フォーカード
配当:10倍
スーツは関係なく、同じ数字のカードが4枚揃っている状態。

4c

フルハウス
配当:3倍
ワンペアとスリーカードの組み合わせがそろった状態。

fh

フラッシュ
同じスーツが5枚の組み合わせ。
配当:2倍

fls

ストレート
同じ数字のカードが3枚揃っている状態。
配当:1倍

st

スリーカード
同じ数字のペアが2組ある状態。

3c

ツーペア
同じ数字のペアが2組ある状態。

2p

ワンペア
同じ数字のカードが1組揃っている状態。

1p

 

オンラインカジノ評価ページでオンラインカジノ人気ランキングを見てみましょう