オンラインカジノは、基本的に海外の大手企業によって各国政府や自治領からの運営許可証(ライセンス)を受け、合法的に運営されています。
運営会社は、世界的なスポーツチームのスポンサーになるなど大変ポピュラーなものであり、海外の人たちはテレビや電話、インターネットを使って気軽にギャンブルを楽しんでいます。

日本では、賭博罪によって賭博行為は禁止されています。野球選手の野球賭博や、人気スポーツ選手のインカジの利用などが世間を賑わしていますよね。しかし、日本には競馬や競輪、宝くじなどの賭博は認められているほか、「三店方式」という方法を用いることでパチンコやパチスロは事実上賭博であるにも関わらず堂々と宣伝されているのが現状です。

オンラインカジノは、合法的に運営されている海外カジノのサーバへアクセスしてプレイしますが、日本国内からのプレイは違法行為となるのでしょうか。

カジノのサービス内容によっては危険性あり

国内でのオンラインカジノは、これまでパチンコの「三店方式」の抜け道と同じように、実際は海外のサーバにアクセスしてプレイしていることから、安全だと考えられてきました。胴元は海外で合法的に運営されてるうえ、賭博罪は胴元と張子の2者を揃って捕まえないと成立しない罪とされています。

しかし2016年の春、初めてオンラインカジノを利用しての逮捕者が出てしまいました。利用されていたカジノはイギリスで運営されていましたが、その中のサービスは日本語のみのチャット、日本人のディーラー、日本向けの営業時間など「日本向けのオンラインカジノである」という評価から違法性につながったとされていますが、賭博罪成立の観点から考えると疑問点が多いのは否めません。

疑問は残るものの、実際に逮捕例ができてしまったわけですから、オンラインカジノをプレイする際には、日本人ディーラーなど日本向けに特化されたものではないか注意しましょう。

安全にオンラインカジノを楽しむ方法

オンラインカジノを海外でプレイする分にはもちろん何の問題もありませんが、上記の事件を受けて、オンラインカジノも賭け麻雀や賭けゴルフなどと同様に、賭博罪に該当する場合があるということになります。

賭け麻雀や賭けゴルフなどは、身内でするささやかな遊びで検挙される可能性は低いですが、オンラインカジノも個人的な趣味として楽しみたい場合、上手に楽しむポイントが挙げられます。

・日本人ディーラーなど日本人向けに特化したゲームを避ける
・個人のブログやSNSにプレイ状況や収支などを公開しない
・プレイ中日本語でのチャットなどに積極的に参加しない

個人でささやかに楽しむ分には心配ないので、もしプレイする場合はこれらのポイントを守って安全に楽しみましょう。

 

オンラインギャンブルページでオンラインカジノ人気ランキングを見てみましょう