カリビアンスタッドポーカーのルールとプレーできるサイトを知ろう

この記事では海外オンラインカジノサイトでプレーできる、カリビアンスタッドポーカーのルールについてご覧できます。どのサイトでプレーできるかは、オンラインカジノ-評価のページでご確認してください。

カリビアンスタッドポーカーとは

カリビアンスタッドポーカーは、カリブ海諸島近郊のカジノや遊覧船で楽しまれていたことからその名前が付いたと言われています。様々な地域を経てきたゲームだけに、ゲームの名前やルールなどが地域によって異なりを見せていますが、ここでは一般的にオンラインカジノでプレイされる『カリビアンスタッドポーカー』について説明します。

プレーヤー同士が争って勝敗を決めるポーカーは広く知られていますが、このカリビアンスタッドポーカーはプレイヤー対ディラーの勝負となります。

一般的なポーカーと違って、一度配られたカードを交換する事が出来ないため、運が大きく左右されるゲームとなっています。自分のカードの采配がどんなに好条件であっても、ディーラーに一定条件が揃わなければゲーム展開は無く、プレイヤーの勝ちとして払い戻されます。

カリビアンスタッドポーカーの流れとルール

1、まず、Anteに賭け金を置き「Deal(ディール)」でカードを配ります。

スクリーンショット 2016-07-01 3.51.40

2、ディーラー、プレイヤー共にに5枚ずつ、それぞれカードが伏せた状態で配られます。
ディーラーの配られた5枚のうちのカードの1枚は表向きに開かれ、プレイヤーは自分のハンドとディーラーの開かれたカードを見て、ゲームを降りるか(Fold)勝負する(Call)かを選択します。

スクリーンショット 2016-07-01 3.51.08

Foldの場合はAnteの賭け金は没収、Playの場合はAntiの2倍の賭け金を追加して勝負(Back Bet)となります。

3、ディーラーのハンドにエースとキング、または何らかの役がない場合、ディーラーはゲームを降りなければなりません。この場合はプレイヤーのハンドに関わりなく、Anteの賭け金の2倍がBack Betの賭け金と共に払い戻されます。

ディーラーのハンドにエースとキング、または何らかの役があった場合はゲーム継続となります。
ディーラーが勝った場合、賭け金(AnteとBack Bet)は全て没収となります。

プレーヤーが勝った場合、Anteの賭け金は2倍にして払い戻され、そしてそろった役によって、Back Betの賭け金が下記の倍率で支払われます。

スクリーンショット 2016-07-01 3.51.20

カリビアンスタッドポーカーのハンドと配当

<そろった役と払い戻し倍率>

1 役無し、またはワン・ペア・・・1倍
2 ツー・ペア・・・・・・・・・・2倍
3 スリー・カード・・・・・・・・3倍
4 ストレート・・・・・・・・・・4倍
5 フラッシュ・・・・・・・・・・5倍
6 フルハウス・・・・・・・・・・7倍
7 フォー・カード・・・・・・・20倍
8 ストレート・フラッシュ・・・50倍
9 ロイヤル・フラッシュ・・・100倍

ポーカーでの数字の強弱はこの順番です。

A > K > Q > J >10 > 9 > 8 > 7 > 6 > 5 > 4 > 3 > 2

ハンド(役)は通常のポーカーゲームと共通です。

ロイヤルフラッシュ
配当:100倍
同じスーツ(ハート、ダイヤ、スペード、クローバーのいずれか)で、数字が 10・J・Q・K・A 合わせの役。一番強いです。

rsf

ストレートフラッシュ
配当:20倍
同じスーツで 10・J・Q・K・A 以外の数字で並んだ組み合わせ。

sf

フォーカード
配当:10倍
スーツは関係なく、同じ数字のカードが4枚揃っている状態。

4c

フルハウス
配当:3倍
ワンペアとスリーカードの組み合わせがそろった状態。

fh

フラッシュ
同じスーツが5枚の組み合わせ。
配当:2倍

fls

ストレート
同じ数字のカードが3枚揃っている状態。
配当:1倍

st

スリーカード
同じ数字のペアが2組ある状態。

3c

ツーペア
同じ数字のペアが2組ある状態。

2p

ワンペア
同じ数字のカードが1組揃っている状態。

1p

 

オンラインカジノ評価ページでオンラインカジノ人気ランキングを見てみましょう